FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄/ヘンリー・ストークス



★★★★★

日本はアジアの希望の光。東京裁判史観から大東亜戦争史観への転換が急がれる

著者の他の書籍を何冊か読んだ後で本書を手に取りました。
欧米の侵略を日本だけが撃破した
大東亜戦争は日本が勝った
日本が果たした人類史に輝く大革命
戦後70年の病根を検証する 連合国戦勝史観の徹底批判!(藤井厳喜氏との共著)
特に、藤井厳喜氏との対談本は読みごたえがありましたので、その元である本書を読みたくなりました。

上記の書籍のベースが本書にあたるのでしょう。
本書をコアにして、いろいろなテーマにおいて肉付けしたのが上記の本だと言えます。
上記の書籍を読んでいますので、著者の本を始めて読まれる方ほどの衝撃はありませんでした。
(ただし、最初に読んだ「大東亜戦争は日本が勝った」を読んだ時には衝撃的でした)

本書の主要な提言は以下の通りです。
・大東亜戦争は日本の自衛のための戦争だった
・大東亜戦争はアジア諸国の西洋&白人支配からの解放・独立のための戦争だった
・日本はアジアの希望の光とされ、アジア諸国からリスペクトされていた
(チャイナの毛沢東も国民党を倒したことを感謝していた、朝鮮半島だけが何故か反日)
・東京裁判は国際法に違反した西洋&白人からの復讐であり正当性は全くない
・本来、裁かれるべきはアジア諸国を侵略・植民地化した西洋&白人諸国、広島・長崎に原爆を落とし、日本本土への空襲で民間人を大虐殺したアメリカである
・南京大虐殺はチャイナ国民党のプロパガンダであり、南京大虐殺を裏付ける資料はどこにもない
・慰安婦は職業売春婦であり、有史以来当時までは当たり前の職業であった、韓国は反日のために売春婦を利用しているだけである
・日本は戦後、東京裁判史観・自虐史観で洗脳され、かつアメリカの属国条約といえる日本国憲法を押し付けられた
・戦後70年経っても日本は百害あって一利なしの東京裁判史観・自虐史観、日本国憲法を捨てられずにいる
・日本が誇りを取り戻すためには、一刻も早く東京裁判史観・自虐史観から大東亜戦争史観への転換を図る必要がある
・日本がアメリカの属国から真に独立するために、一刻も早く日本国憲法を改正する必要がある

現在、
チャイナによる南シナ海・東シナ海・尖閣諸島・沖縄・小笠原諸島への侵攻
北朝鮮による日本人拉致事件解決の長期化、核・ミサイルの脅威
韓国による従北媚北政策による赤化
といった非常に危険な状況にありますので、
日本は、一刻も早く誇りを取り戻し、憲法を改正し、抑止力を高め、
かつアメリカ・ベトナム・インドなどと強調しながら、
これに対峙していくことが求められます。

英語版も出ていますね。これを世界中で読んでほしいです。

<< ジャパン REALVOICE VOL.3/メディアソフト  【BACK TO HOME】  「英霊との対話」としての政治/西村眞悟 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP