FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人/ケント・ギルバート



★★★★★

東京裁判史観・自虐史観の呪縛から脱し、日本の正しい伝統・文化・歴史をしれば、自ずと「愛国心」は芽生える

大東亜戦争後、日本人に流布されている間違った歴史と、
アメリカから押し付けられた日本国憲法と、GHQのWGIPによって間違った思考に洗脳された状態では、
愛国心は決して生まれないでしょう。
本来どの国でもその国民は愛国心を自然に身につけ、
どの民族でも自民族に対する誇りが生まれるものだと思いますが、
正しい歴史と正しい思考があってはじめて愛国心が生まれるものだと思います。

ケントさんは本書と、既出のPHPシリーズ3部作によって、
日本が如何に間違った歴史認識と間違った思考に犯されているかを鮮やかに解き明かし、
日本と日本人が本来の姿に蘇ることを推奨しています。
まだGHQの洗脳に縛られている日本人
やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

日本人にとって最も不幸なのは、
東京裁判史観と自虐史観、その裏にある白人至上主義に洗脳されてしまったことです。
そしてこれらの史観から脱却できないため、国を愛するという自然な感情を奪われてしまったことです。
ですので、国を愛するという自然な感情を取り戻すためには、
これらの史観からの完全な脱却が必須となります。

そのためには、正しい歴史をインプットすることから始める必要があります。

正しい歴史とは以下のようなものです。

日本の伝統においては、
・日本は縄文時代から現代にまで民族としての血脈を維持してきた世界でも特殊な国である
・万物を神と崇め、かつ神々と共存してきた歴史を持つ
・和の精神を尊び、かつ外来思想(儒教・仏教など)を日本化しながら徳を高めてきた民族である
・天皇と国民は親と子の関係であり、統治者と非統治者の関係ではない
・天皇は日本人だけでなく世界中の人々のために日夜祈りを捧げている
・日本は万世一系の天皇を戴く世界で最も永く続いている国である

大東亜戦争においては、
・日本は自衛のために戦った
・日本は西洋&白人に蹂躙されたアジア諸国・民を解放・独立させるために戦った
・日本は白人至上主義を終わらせ、有色人種の希望となり人種差別のない世界を創るために戦った
・日本は共産主義の恐ろしさを正しく知ることで、共産主義勢力とも戦った
・日本はアメリカとの戦闘では負けたが、他の西洋&白人国家との戦闘では全て勝った
・日米開戦はアメリカのルーズベルト大統領がアジア権益の確保と自国の経済成長を目論んで仕掛けたものである
・日本はアメリカとの戦闘では負けたが、アジア諸国・民族の解放・独立という目的は果たした
・人種差別のない世界を創るという目的については、白人優越主義に対するパラダイムシフトは引き起こすことができた
(つまり、手段としての戦闘では負けたが、目的を果たしたという意味では戦争には勝った)
・アメリカによる広島・長崎への原爆投下、日本中への空爆による大虐殺は白人優越主義の表れである
(原爆投下が戦争を早期終結させるというアメリカの主張は単なる欺瞞である)
・アメリカは日本が二度と民族の解放・独立をさせないために、また有色人種の希望とならないために、徹底的な弾圧を行った
 -東京裁判は国際法に基づかない虚妄と欺瞞に満ちた西洋&白人による報復としての集団リンチである
 (つまり、戦犯とした裁かれた日本人はもとより東京裁判自体が無効である)
 -国際法では禁じられているにもかかわらず、アメリカが作った日本国憲法を押し付けた
 (日本が自衛するための軍隊を持つことを禁じて、アメリカの属国になるように仕向けた)
 -GHQのWGIPにより、連合国=善、日本=悪という洗脳を徹底して行った
 (白人優越主義に世界を戻すため、白人優越主義に基づく日本人の殺戮に正当性を持たすために行われた)

大東亜戦争後においては、
・東京裁判史観・自虐史観の洗脳が予想を超える効果を発揮し、現在においてなお洗脳が解けていない
・日本人の心の中だけでなく、立法・司法・行政も東京裁判史観・自虐史観が埋め込まれてしまった
・正しい歴史を知ること自体が封印され、正しい歴史について考えること、発言することもタブーとなった
・徹底的な言論統制が行われ、「愛国心」「八紘一宇」「国体」などの言葉も使用できなくなった
(言葉を奪われれば、思考も奪われ、記憶も薄れ、世代間継承もなくなり、和の精神が完全に破壊される)
・国旗掲揚や国歌斉唱も法律を制定しなければ公的に使用できなくなった
・チャイナや朝鮮半島は日本人の東京裁判史観・自虐史観を利用して、歴史捏造に基づく反日プロパガンダを世界中で展開している
・日本人は東京裁判史観・自虐史観に洗脳されたままなので、チャイナや朝鮮半島による反日プロパガンダに対して反論できない
・国内にも日本を復活させたくない勢力が存在し、東京裁判史観・自虐史観に基づいて日本を蝕んでいる
(反日左翼政党・団体・メディア、チャイナや朝鮮半島と呼応するかのような言動を続けている)
・日本は、海外の反日国家に対して、また国内の反日勢力に対して、なんら効果的な対処ができない国に成り下がった

従って、
自らが東京裁判史観・自虐史観に洗脳されていることを自覚し、
上記のような正しい歴史を知り、理解することで、
自らの内にある東京裁判史観・自虐史観を消滅させたうえで、
正しい歴史と正しい思考に基づいて日本人であることの自身と誇りを取り戻し、
その自信と誇りを培ってきた日本という国と先人たちに対して敬意を払うことで、
愛国心が生まれるのではないかと思います。

そして、
このようなかたちで愛国心を秘めた方々が増えていくことで、
日本という国そのものが次第に正常な姿に戻っていくのではないかと思います。

なお、愛国心という言葉に堅苦しさを感じる方、日本語としての違和感を感じる方は、
愛国心の代わりに「和のこころ」を使用されると良いのではないでしょうか。
「和のこころ」は日本古来からの伝統ですし、かな文字を入れた方が日本らしいですので。


ご参考:
日本の歴史・伝統・文化
・田中英道:日本の文化 本当は何がすごいのか
・田中英道:日本の歴史 本当は何がすごいのか
・田中英道:日本の宗教 本当は何がすごいのか
・田中英道:世界史の中の日本 本当は何がすごいのか

正しい大東亜戦争
・ヘンリー・ストークス:大東亜戦争は日本が勝った
・ヘンリー・ストークス&植田剛彦:日本が果たした人類史に輝く大革命
・ヘンリー・ストークス:欧米の侵略を日本だけが撃破した
・ジェラルド・ホーン:人種戦争

東京裁判史観・自虐史観関連
・ヘンリー・ストークス&藤井厳喜:戦後70年の病根を検証する 連合国戦勝史観の徹底批判!
・吉本貞昭:世界が語る大東亜戦争と東京裁判

<< 中国と韓国は息を吐くように嘘をつく/高山正之  【BACK TO HOME】  人種戦争/ジェラルド・ホーン >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP