FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

地球はもう温暖化していない/深井有



★★★★★

COPとIPCCはもう要らない

トランプ米大統領がパリ協定の離脱を宣言しました。
その理由を知りたかったのですが、
マスメディアが劣化して、基本的に信用できない状態になっていますので、
科学者が書いた本を探していたら本書に出逢いました。

IPCCの報告書にはいろいろと疑念がありましたが、
本書ではIPCCの報告書が如何にいい加減なものかが科学的に説明されています。
また、様々な利権構造も紹介されているので、何故科学的に間違っていることを延々と続けるのかもよくわかります。

本書の内容が全て科学的に正しいのかは判断がつきかねますが、
IPCCが結論ありきで、都合の良いデータを集め、グラフを捏造する、
という事実だけで、
IPCCの報告書や科学者(?)は信頼できない、
ということは言えるでしょう。

こんなIPCCと、それを踏まえたCOPは不要でしょう。

本書での主な主張は以下のようなものです。
・二酸化炭素の増加が地球温暖化の原因ではない
・地球の温度は太陽や銀河系が影響している
・これから温暖化ではなく寒冷化が迫っている
・寒冷化による食料不足に備えるべきである

アメリカでは、反IPCCの科学者が科学的に反駁しているためもあって、
今回、トランプ大統領はパリ協定を離脱したのだと言えるでしょう。

あくまでも個人的な意見ですが、
アメリカの左派系メディアはトランプ大統領を非難していますが、
左派系メディアが批判しているということは、正しい選択だといえるでしょう。
日本のメディア(ほとんど左派)も同じですので、よけいに正しい選択だといえるでしょう。

日本も正しい科学的知見を集め、分析したうえで、適切な政策を実施する必要があります。
本書の記述が正しいのであれば、
・二酸化炭素削減のための政策は労あって益なしですので早急にやめる
・エネルギー関連では自給率の向上、効率の向上のための政策を実施する
・食料自給率向上のためには、むしろ二酸化炭素増加のための政策を実施する など

また、地球環境を守るということに関していえは、
工業化による土壌・大気・河川・海洋汚染に着目した方がいいでしょう。

日本のメディアは政治・経済・社会だけでなく、
科学技術に対しても裏も取らずにおかしな報道を相も変わらず続けていますので、
気をつけなければなりませんね。

なお、経済に触れている部分については間違いがありますが、
著者はあくまでも物理学者ですので、この間違いをもって評価を下げることはしません。
  1. 2017/07/02(日) 16:56:30|
  2. 持続可能性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アングラマネー/藤井厳喜(2013) | ホーム | 朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか/石平>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/918-9da17cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる