FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

日本の文化 本当は何がすごいのか/田中 英道



★★★★★

縄文時代から脈々と続く日本人の精神性に基づく文化

本書のタイトルである、
日本の文化 本当は何がすごいのか、
に対する本書の内容を簡潔に要約すると、
日本の文化は、縄文時代から脈々と受け継がれてきた日本人の精神性に基づいていること、
になるかと思われます。

これを神話として表したものが、古事記・日本書記などになります。
これを信仰として表したものが、神道になります。
これを血脈として表したものが、125代続く天皇になります。
これを芸術として表したものが、万葉集、徒然草、神社仏閣、仏像などになります。

つまり、縄文時代から脈々と受け継がれてきた日本人の精神性に基づく、
神話、信仰、血脈、芸術などを全てあわせると日本の伝統文化になるということです。
日本文化の美しさだけでなく、それに秘められた精神性、継続性、特殊性が、
日本文化を際立たせているのだということです。

タイトルに魅かれて、軽い気持ちで読んだのですが、
かなり奥深いものに触れることができたような気がします。

日本人はこれらを守り、未来に受け渡していく必要があると思いました。
少なくともこれらを壊してはならないのだと思います。

更に、これら日本の伝統文化を世界に向けて積極的に発信していく必要があるでしょう。
著者曰く、まだまだ発信力が弱いとのことでした。
日本は、技術大国(モノ)、経済大国(カネ)ですが、文化大国(ヒト)であることも、
世界中の国々、人々に知って頂いた方がよいでしょう。
そうすることで、日本に対する魅力と憧れを抱いていただくことで、
観光はもとより、外交&安全保障にもつながるのではないでしょうか。

と同時に、日本人であることの精神面での誇りと先人への感謝を抱くことができました。

著者の「本当は何がすごいのか」シリーズは本書も含めて全4冊ありますので、
他の書籍も読んでみたくなりました。

<< 米中激戦/藤井厳喜、飯柴智亮(2017)  【BACK TO HOME】  「あの国」はなぜ、日本が好きなのか >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP