FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

最強兵器としての地政学/藤井厳喜(2016)



★★★★★

新たな視点を与えてくれる良書

地政学については、なんとなくは知っていましたが、
書籍で真面目に学んだのは初めてです。

サイバー戦や宇宙戦の時代に入ってきてはいますが、
著者の述べられている通り、地政学的な視点は今でも非常に有益なものだといえるでしょう。

報道や情報を扱う際の視点としては外せないものだと思います。
特に報道が偏向している状況下ではなおさらです。
各国の言動の裏にある狙いを推察するためには必須でしょう。

本書を読んでいると、世の中で比較的まともだと思われる評論家の言説も、
薄っぺらいものだと思えるようになってきました。

例えば、日本についてみてみると、
地政学に基づいて行動した際には成功しており、
地政学を無視して行動した際には失敗していることがよくわかりました。

また、地政学的な戦略からすると、
志那による尖閣諸島、朝鮮による竹島への侵入に対しては、
日本は絶対に阻止しなければならないことがよくわかります。

日本は自国防衛のために
海洋国家であることを十分に再認識し、
海洋国家としての戦略を立て、確実に実行することが求められます。

著者の書籍を読むのは2冊目ですが、
何れも中核的な物事の見方があり、
言説・予測がそれに基づいて論理的に展開されているので、
非常に有益であり、かつ知的刺激を受けることができました。

<< 神ながら意識/矢加部 幸彦  【BACK TO HOME】  日米対等/藤井厳喜(2017) >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP