FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

The Crest-Jewel of Wisdom/Shankaracharya (著), Charles Johnston (翻訳)



★★★★★

英語の方がわかりやすいかも。。。

梵我一如を知りたくて、以下の本を読みました。
ウパニシャッド/辻直四郎
ウパデーシャ・サーハスリー/シャンカラ

何れも梵我一如についての理解を深めさせてくれる本でしたが、
日本語での記述だとどうしても、その語感が持つ先入観に囚われてしまいそうでしたので、
あまり得意でない=語感の先入観があまりない英語で読んでみたくなりました。

そこで、ウパニシャッド哲学を確立したシャンカラ自らの著書を探して本書にたどり着きました。
このタイトルの洋書は何冊かあるのですが、
Amazon.comで評価が高くかつ値段が手ごろ(kindleだと316円)なので本書を選びました。

本書のタイトルはインドの言葉で「ヴィヴェーカ・チューダーマニ」で、
同じくシャンカラの「ウパデーシャ・サーハスリー」と双璧をなす著作だと思われます。

本文は結構難しい文章で書かれており、
読むのに苦労しましたが、なんとか理解できました。
ただし、本文以外の解説部分は分かりやすい英語で書かれていましたので、
読みやすく本文の理解の促進に役立ちました。

梵(ブラフマン)、我(アートマン)という言葉そのものは出てきませんでしたが、
文章から梵=Eternal、我=Self、Eternal=Selfだと思います。

なお、日本語で理解が確かなものかどうか確認したいのですが、
日本語の書籍「識別の宝玉 完訳「ヴィヴェーカ・チューダーマニ」 」は、
値段が高く、またAmazonでの評価も高くないので、
本書を何度も読みながら理解を確かなものにしたいと思います。
関連記事

<< なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか/石平  【BACK TO HOME】  新訳 正法眼蔵/ひろさちや >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP