FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

Stillness Speaks/エックハルト・トール



★★★★★

巡り巡って戻ってきました。

何年か前に、何かのきっかけで、
エックハルト・トールの以下の本を読みました。

『A New Earth』『ニューアース』


『Practicing The Power of Now 』『人生が楽になる超シンプルな悟り方』


これらを読んで、『禅』だなと感じました。
ならば日本にある仏教を学べばよいではないか、と思い、
エックハルト・トールを離れ、仏教を学び始めました。

仏教からは、
特に、空海の真言密教、ティク・ナット・ハンのEngaged Buddhismから
大事なことを教えていただきました。
と同時に、論争・対立・分裂といった釈尊の教えと反対のことが、
釈尊入滅から現在に至るまで繰り広げられていることを知り、
この論争・対立・分裂から距離を置きたいと思うようになりました。

そこで、仏教から離れた『生きる智慧』を探していたら、
たまたま本書(邦訳版)のタイトルに目がとまりました。
『世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え』とありましたので、
どのような教えなのかと興味津々で読んでみましたが、
そこにあったのは、古くて大切な教えではなく、
紛れもなくエックハルト・トールが『ニューアース』で論じていた内容でした。
しかも、『ニューアース』のエッセンスが凝縮されて簡潔に述べられていました。
(出版時期から考えると本書をより発展させたのがニューアースだとは思います)

本書は『生きる智慧』のエッセンスが凝縮されています。
全ての文章が重要であり、無駄な文章は一切含まれていないと思います。
また、これまで学んで得てきた仏教の教えよりも、
論理的・科学的、かつシンプルで深いと思います。

素晴らしい本ですので、内容を要約して紹介したいのですが、
どんな言葉を使っても素晴らしさをつたえられそうにありませんし、
かえって素晴らしさを損ねてしまいそうですので、
内容について触れることは控えたいと思います。

ということで巡り巡ってエックハルト・トールに戻ってきました。

そして、せっかく戻ってきたのですから、
訳者の解釈が入らない英語版で読んでみようと思い立ちました。
kindleアプリに入れていつでもどこでも読めるようにしています。
(邦訳版もkindle化されていれば、一緒に持ち歩いていると思います)

邦訳版を英語版と比べると、
訳者のサービスなのか、英語版にない文章が挿入されています。
こちらは原意を損ねるものではないと思いますので、あまり気にしていません。
ただ、スピリチュアル系の言葉を敢えて使ってみたり、意味不明な訳があったりします。
また、タイトルが『Stillness Speaks』から『世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え』に変わっています。
これは議論を呼びそうですが、邦訳タイトルに魅かれて本書を手に取りましたので、個人的にはむしろ良かったです。

『生きる智慧』とは、
本来は内なる探求から生まれるものであり、
外を探し回るものではないということは理解しつつも、
適切なガイドが無いと内なる探求もできない凡夫ですので、
色々と探し求めていましたが、
やっとたどり着いたように思えます。

あとは実践ですね。
実践しなければ『生きる智慧』も生まれませんし、
『生きる智慧』を活かすこともできません。

<< The Power of Now/エックハルト・トール  【BACK TO HOME】  仏教という思想 末木文美士氏から学んだこと >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP