FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

P.F.ドラッカー 完全ブックガイド/上田 惇生



★★★★★

ドラッカーファンには欠かせない

本書は、ドラッカーの全著作(+ドラッカー関連書籍)を年代順に並べ、
各書籍の趣旨・目次に加え簡潔な解説をしています。
膨大なドラッカーの著書を一冊の本で整理できるので、とても便利なものだといえます。

また、単に書籍が並べられているだけでなく、書籍間の関係などにも触れられており、
知っているつもりでも知らないことを知ることができたりしました。

本書を眺めると、
私個人は、ドラッカー存命中に、自身で書かれ、邦訳されている本の中で2冊以外は全て持っていました。
(その2冊はダイエー中内氏との往復書簡です。ダイエーも中内氏も好きになれないので買っていません)

また、冒頭の糸井重里さんとの著者との対談も、ドラッカーを知るためには良いものだと思います。


なお、ドラッカー存命中も死後も、ドラッカーに関連した書籍(ドラッカー著ではない)が氾濫しています。
ただ、これらは各著者が捉える「マイ・ドラッカー」で、ドラッカーそのままのピュアなものではありません。
私も何冊か読みましたが、ドラッカー著書そのものとは異なる解釈があったりもしました。

ドラッカーを理解しきった後であれば、これらの著作を手に取るのもいいのでしょうけれど、
理解しきらないうちに読んでしまうと、ドラッカーを正しく理解することができなくなる恐れがあります。

ですので、本書を読んで、ドラッカー自身の著作を知り、読んでいくのが良いと思います。
関連記事

<< 心穏やかに生きる釈迦の教え/大栗道榮  【BACK TO HOME】  図説「理趣経」入門/大栗道榮 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP