FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

ほっとする老子のことば/加島祥造



★★★

老子のエッセンスをわかりやすく解説

老子道徳経のなかから著者が重要と考えているパーツを抽出し、それに解説を加えています。
著者の『タオ-老子』もわかりやすかったですが、解説があることでよりわかりやすくなっています。


ただし、「あれっ?」と思ったことがありましたので、評価を下げました。

1つは、孔子の「論語」のとらえ方です。
老荘思想が孔子の「論語」を批判していることは知っているのですが、
本書では「論語」の表面的な理解のみに基づいて批判している箇所がありました。

もう一つは老荘思想の視点からみた違和感です。
本書中で、著者が花の美しさに感化されて枝を折り持ち帰ったといった記述がありました。
これは無為自然を旨とする老荘思想に反するものだと思います。
私の理解している限りにおいては(間違っているかもしれませんが)、
花を見て美しいと感じたら、それ以上のことはせず、その美しさにも執着しないのが老荘思想だと思います。

以上のことから、著者がとらえている老荘思想は本筋からちょっとズレているのではないか、と思ってしまいます。
  1. 2012/05/24(木) 13:11:21|
  2. 東洋思想・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荘子ヒア・ナウ/加島祥造 | ホーム | 「スマート日本」宣言/村上憲郎・福井エドワード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/657-7a05c1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる