FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

いのちの輝き/ロバート・C・フルフォード



★★★★★

オステオパシー=ホリスティックな医学

現代の西洋医学は体をパーツに分解し、パーツごとに医療技術を専門家・高度化させています。
一方で、パーツを超えた疾病については、なかなか適切な治療が受けられないという弊害がでています。

また個人的には、以下のようなことを聞いていました。
・歯科技師の知人から、歯の噛み合わせの悪さが脊椎を歪ませ様々な疾病の原因になる
・中国の外科医の免許を持っている整体師から、投薬や手術をしなくても整体・鍼・気功で治せる病気はある
一方で、和漢診療を行っている医師からですら、整体や鍼治療を見下す発言を聞かされたこともあります。

従って、現代の西洋医学とは異なる、または補完する医学を紹介する本があるとのことで、本書を手に取りました。


本書で紹介されているオステオパシーは、
・からだのシステムとこころのシステムはひとつに結ばれていること
・からだが活発に動くエネルギーの入り組んだ複雑な流れでできていること
・人間をひとつの全体としてとらえること
・健康の基盤が様々な身体システム間の正しい関係の維持にあること
を基本として創り上げられた医学であり
西洋医学の効用を認めつつも、西洋医学の弊害を解消する方法として位置づけられています。

一見、科学的な根拠が曖昧な民間療法のようにみえますが、
アメリカでは全ての州でオステオパシーを認めており、
多くの病院で西洋医学とオステオパシーの医師が一緒に仕事をしているとのことです。
またオステオパシー大学も設立されており、
そこで学ぶ学生はオステオパシーだけでなく西洋医学の正規科目も学んでいるとのことです。
従って、民間療法とは異なり、科学的な裏づけのある医学だといえます。


オステオパシーでは、人間の生命活動は宇宙に支えられているので、
健康とは何かを理解するためには、我々を取り巻く世界に関する基本的な知識が必要として以下を挙げています。
・生命場:健康状態が悪いときには生命場も不安定である(周波数の高い電磁場、日本でいう「気」)
・生命力:健康でないヒトは生命力がブロックされている(体内にある電磁場、著者は「霊性」「神」の正体としている)
・波動:健康でないヒトは十分に振動していない。全てのヒトのからだはその人固有の周波数で振動している
・呼吸:浅くて不規則な呼吸をしているときは、健康状態も悪く、エネルギーも低下している
(呼吸については、本書の中で繰り返し重要性を訴えています)

また、こころの状態によって生命場の電位が変わるので、
こころをバランスの取れた創造的な状態に保っておくことが重要であるとしています。

このような説明を読むと似非科学のように思えてしまいますが、先述したとおり科学的な裏づけのある医学なんです。


そのうえで、表面だけではなく芯から癒されたいのなら、自分の全存在を大切に育まなければならないとし、
そのための選択肢は、鍼治療、生薬療法、オステオパシー等の生命力に働きかける代替療法の中にしかない、としています。
また、西洋医学の患者の7割は代替医療で対処できるものだそうです。

そして、その背景として、以下を挙げています。
・医療への過度の規制で、どんな名医でも患者とじっくり向き合えなくなっていること(日本でも「3分診療」という言葉がある)
・抗生物質は、症状を抑え込むことで一時的に寛解するが、将来再燃して、別の症状として現れる可能性が非常に高いこと


また、一章を割いて著者が実践している治療法が紹介されていますが、是非とも受けてみたくなりました。
(日本にも幾つかオステオパシーの団体があるのをweb上で見つけました)


更に、自分で自分の健康を守る必要があるとして、以下を提示しています。
・からだの内なる治癒力を信じる(からだは健康になりたがっている、健康に反する欲望をおさえること)
・よい医師を選ぶ(評判、治療環境、こころ配り、ことばづかい、を確認すること。ダメなら医師を変えること)
・よい患者である(自分の症状をメモしておくこと、医師の処方を守ること)
・生薬を使う(但し資格のある経験豊かな専門家の指導にもとづくこと、なお合成薬剤の効果も認めている)
・ホメオパシーを使う(但し真髄を習得している専門家の指導に基づくこと)
・天然のマルチビタミン剤を使う(効果がでれば続ければよい、但しメディアに踊らされないこと)
・ストレッチ運動(誰にとっても必要なため、他の運動は自分が楽しめるかが鍵、新説に踊らされないこと)
・自分に合うバランスのよい食事(からだのバランスを左右する三大要因である気圧・感情・食事の中で簡単に変えられる)
・深呼吸と散歩(ストレス解消に役立つ)
・瞑想(意識を内側に向けることは健康を増進するために必要)

また、患者に治癒への希望をもたせることができない医師は、患者の病状を悪化させる恐れがあるとしています。


なお、最終章では具体的なエクササイズが挿絵付きでわかり易く紹介されています。
オステオパシー医に直接治療してもらうのと同等の効果は得られないでしょうけれど、
自分自身で試してみることができるのは、嬉しい限りです。


あと、「霊性を高める」と題した章がありますが、
これについては科学的な根拠が一切述べられていませんでしたので、著者の信じる思想と判断しました。
悪いことが書いてあるわけではないし、その限りにおいて何を信じるかは自由だと思いますのでレビューは控えました。

<< ディープエコノミー/ビル・マッキベン  【BACK TO HOME】  錯覚の科学/クリストファー・チャブリス等 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP