FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

実践入門ポジティブ・サイコロジー/クリストファー・ピーターソン



★★★

学生・研究者向けの書籍

まだまだ黎明期といえそうなポジティブ心理学について、
学問領域として扱う必要のある範囲を先ず本書の構成で設定しています。

そのうえで、各個別領域について、
これまでの歴史・背景を振り返りながら、
どの研究者がどんなテーマで、どこで、いつ、誰を対象に、如何なる実験をしてきたのか、
どんな結果が出たのか、その実験結果・手法の課題は何か、
その上で知見として確立されたもの・されていないものは何か、
その領域での今後の課題は何か、
といったことについてかなり詳しく述べられています。

心理学部の学生さんや研究者の方々にとっては全てが貴重な情報なんだと思います。


但し、ポジティブ心理学の知見をビジネスやプライベートで活用したい方々にとっては、あまりお勧めできません。

内容が細かすぎますし、情報価値の優先順位もありません。
また、文章がひどく、著者が思いついたことを思いついたまま書いているように思えます。構造化されていません。
表紙裏に「人事担当、マーケティング担当必読」と書かれていますが、そうであるならもっと構造化された簡潔な文章になっていなければならないと思います。

この領域の知見について知りたいのであれば、マーティン・セリグマン、ミハイ・チクセントミハイ、アブラハム・マズローを読んだほうがいいと思います。いずれもちょっと古いのですが、何せ新しい本が出てきませんので仕方ありません。


あと、脳科学では、グレッグ・D・ジェイコブズ『脳内復活』はお勧めです(原著初版が2003年とちょっと古いのですが)。心理学同様、脳科学もポジティブ領域はあまり研究が進んでいないようですので(単に日本に紹介されていないだけかもしれませんが)、最近の著作は見かけません。

<< もっとバカはなおせる/久保田競  【BACK TO HOME】  脳にいいことだけをやりなさい/マーシー・シャイモフ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP