FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

第6の波/ジェームズ・ブラッドフィールド・ムーディ等



★★★★★

資源依存から脱却するためのイノベーション

著者は、コンドラチェフ(50年周期説)とシュンペーター(創造的破壊)の経済理論を踏まえたうえで、
人類は産業革命以降5つの波を経験し、今、第6の波を経験し始めていると述べています。
・第1の波:綿、鉄、水力の時代
・第2の波:鉄道、蒸気機関、機械化の時代
・第3の波:重工業、電化の時代
・第4の波:石油、自動車、大量生産の時代
・第5の波:情報通信技術の時代

そして、第6の波とは、
「深刻な資源浪費中毒にかかった世界を、資源の利用効率を競う世界へと変える革命」であり、
市場と技術と制度の3つのカテゴリーでのイノベーションが必要であり、既に始まっているとしています。

また、人類が環境に影響を及ぼす大きさは、人口×豊かさ×技術で表すことができ、
これらの状況を踏まえたうえでのイノベーションが必要であるとし、
市場、技術、制度のそれぞれのカテゴリーについてイノベーションの最新事例を数々紹介しています。


そのうえで、第6の波を形成する5つのコンセプトを提示し、これらを捕えることで波に乗れるとしています。
・廃棄物=チャンス(資源が希少となり、廃棄物利用が必要かつ採算性がでてきたため)
・商品ではなくサービスを売れ(資源の利用効率を高める圧力が高まっているため)
・デジタル界と自然界は融合しつつある(測定できないものは管理することができないため)
・原子は地元に、ビットは世界に(輸送を減らすことで資源効率をたかめるため)
・迷ったら自然を見よ(アイデアの宝庫が自然の中にあるため)

そして、これらの各々について始まっている、若しくは始まりつつある事例を紹介しています。


この類の本を何冊か読まれた方にとっては、最新事例以外は個々の情報にそれほど新鮮味はないと思います。

ただ、著者が経済学者としてイノベーション理論を活用して、
持続可能性のためのフレームを提示してくれたことに価値があると思いましたので、高い評価をつけました。
(最新事例や、制度面でのイノベーションの解説が興味深かったことも含めて)。

<< スイッチ/チップ・ハース等  【BACK TO HOME】  アース/ アラステア・フォザーギル >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP