FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

祝福を受けた不安/ポール・ホーケン



★★★★

サステナビリティ革命の可能性は幾多もの○○運動

サステナビリティに関する著者の『サステナビリティ革命』『自由資本の経済』を読みましたが、
本書はこれらの本とはテーマは同じであるもののフォーカスしているものが異なってきています。

以前の書籍では、市場や企業にフォーカスし、これらを通じてサステナビリティを追求しようとしていましたが、
本書では、世界中に数え切れないほど存在する様々な運動を通じてしかサステナビリティを追求できないとしているようです。

市場や企業に対してメッセージを十分伝えたと思ったのか、これらは当てにできないと思ったのか、
理由はわかりませんが、ローカルで多様なボトムアップの無数な運動、そのネットワークに期待しているようです。

持続不能なやり方を続ける企業や機関がより強力になるにつれて、これらの運動も活発になっているようです。
実際に行われている持続不能なやり方と、それに対する運動の様々な事例を織り込みながら解説しています。

著者いわく、これらの運動は持続不能なやり方を続ける企業や機関に対する地球の免疫機能とのことです。


ただ、著者自身がこれらの運動をすべて理解するのは難しいと述べているように、
これらの運動によるサステナビリティ追求の可能性や成功要因、手法は、以前の書籍ほど明快ではありません。
以前の書籍ではルールの改革や技術の革新がメインでしたので、明快に書くことができたのかもしれません。
  1. 2011/03/13(日) 07:22:26|
  2. 持続可能性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<環境保護・持続可能性について | ホーム | サステナビリティ革命/ポール・ホーケン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/621-16f40e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる