FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

未来のリーダーへの手紙/ラム・チャラン



★★★★★

リーダーシップ=マネジメントの実践

著者は、一つの会社に10年以上という長きに渡り、また深く関与して、経営者をサポートするタイプの経営アドバイザーとのことです。また本書はそのような経営アドバイザーとして様々な企業に関与してきた経験を踏まえて書かれているとのことです。

そのような経営アドバイザーの書籍だからか、事例が単に豊富なだけでなく、深い洞察や長年の栄枯盛衰も含めて紹介されていますので、一つ一つの事例紹介が非常に有益なものとなっています。また、それらの事例を踏まえて整理された提言も、非常に価値あるものとなっています。

現場をほとんど知らない学者が書いたものや、関与が浅く短いコーチ、トレーナー、コンサルタントらの書いたものとはレベルが全く違います。

そのような本書の提言ですが、一言でまとめると『リーダーシップはマネジメントの実践である』ということになるのかと思います。

マネジメントやマネジャーとリーダーシップを無理矢理にでも分けて論じることで、新しさを醸し出そうとする書籍や文献をよく見受けるのですが(そしてこれらに対してずっと違和感を抱いてきたのですが)、本書の提言はマネジメントやリーダーシップについて、21世紀の企業を論じながらも原点回帰していると思われます。

まるで、ドラッカーの『マネジメント』を最新事例に置き換えたものではないか、という錯覚に陥りました。

リーダーシップに関する書籍は様々な著者のものを読んできましたが、本書及び著者はその最高峰に位置づけられるのではないかと思います。リーダーシップについて学ばれる方々にとっては必須の書籍ではないでしょうか。

<< 人間らしさとはなにか?/マイケル・S・ガザニガ  【BACK TO HOME】  人は原子、世界は物理法則で動く/マーク・ブキャナン >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP