FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

パーソナリティ心理学/榎本博明



★★

心理学という学問の限界を教えてくれる

本書は性格心理学についての本です。

性格の捉え方について様々な方式が提示されているのですが、心理学という学問領域における統一見解はないようで、今後も統一される気配もなさそうです。

このことが理由でもあるのだと思いますが、心理学だけではなく社会学や脳科学・神経科学での性格の取り扱い方についての解説もあります。但し、3分野での取り扱いについて統合するわけでもなく、補完させ合うわけでもなく、ただ単に併記しているだけです。
著者は、これが新たな挑戦であるという主旨を述べているのですが、この程度で新たな挑戦というのでは、先が思いやられます。少なくとも海外では分野を超えた共同研究が行われ、複数分野の知見を踏まえた統合理論を提唱していますので。

本書でも冒頭2章で述べられているのですが、手法の限界(表層的な現象しか追えない、断片的な調査しかできない、研究者の主観から逃れられない、研究対象者が真実の情報を提供するとは限らない、統計手法を駆使しても基となるデータの信頼性が高くない、など)から、心理学で用いられる既存の手法をどれだけ丁寧に慎重に駆使しても、その結果は世の中では参考程度にしか活用できないことがよくわかります。
本書では、心理学の書籍には珍しく、前置きでこのようなことが述べられているので、まだ誠実な部類に入るのでしょう(このことにより★を追加しました)。

とはいえ、このような前置きをしているわりには、内容解説においては、明確な根拠を提示せずに、これは正しい、と断言している箇所も少なくありません。
また、自然科学を批判している文章が随所に出てきますが、その批判は自然科学に向けられるべきものではなく、自然科学の一部を都合のいいように心理学に取り込んだ心理学者に向けられるべきものです(人の心は測定できないので無視するとした行動科学など)。

このように、心理学の手法の限界を提示しつつも、他の領域を批判することで心理学の地位を保とうとしているかに思えてしまう表現が目につきます。

また、性格心理学だけではないのですが、心理学の理論にはどうも無理矢理構造化しようとしているものが目に付きます。相関関係しか見いだせないのに因果関係・上下関係を無理矢理つけています。

いずれにせよ、心理学の知見はあくまでも参考程度に活用すべきであり、まるごと信用してはいけない、ということを認識させてくれたことについては価値ありだと思います。
本書を読むことで、心理学の書籍にはうかつに近づかない方がいいということを再認識させられました。


あと、性格心理学だけでなないでしょうけれど、個人を対象とした心理領域については、脳科学・神経科学・遺伝学の発展を待つしかなさそうです。
心理学では異端とされている理論でも、脳科学・神経科学では実証されそうだというものはいろいろありそうですので(例えば、ハワード・ガードナーの多重知能は、IQ研究者からは異端視されていますが、脳科学者からは自然な理論だと認識されています)。


なお、上記コメントは著者を含めた心理学者に対しての批判ではありません。学問としての心理学そのものの限界を確認しているものです。
少なくともビジネスの世界では、知見の根拠が明確である(検証可能である)、知見が体系化されている(特定分野だけでなく複数分野をまたいで)、異なる知見が収束しつつある、といったものでないと活用しようがありませんので。
あと、このような意味では、心理学に限った事ではありません。経済学も同様です。そしてなんといっても経営学での理論や増殖を続けるビジネス書が最もあてにはならないのですが。

<< 実践編を準備中  【BACK TO HOME】  最新脳科学で読み解く脳のしくみ/サンドラ・アーモット等 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP