FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

セイラー教授の行動経済学入門/リチャード・セイラー



★★★★

行動経済学分野の貴重な書籍

原著初版が1992年、邦訳初版が1998年と、この分野の発展を考えると古さは否めないと思いますが、
カメレール、カーネマン等のこの分野での著名な学者の訳書が出版されていない状況下では、
貴重な一冊だといえます。

経済学の主要な領域でかつ、日常的に接する領域について、
従来の経済学での捉え方と行動経済学としての捉え方の比較をしながら、
人間の本性や心理を経済学に取り入れることが如何に重要であるかを教えてくれます。
但し、各領域ごとの解説ですので、行動経済学としての理論体系の全体像はあまり見えてきません。

あと、今回の改題新版では原書注や引用文献は一切省かれています。これは減点要因です。
広い層の読者の関心が理由とのことですが、本書を契機に知識を深めようとする読者にとっては迷惑です。
原書注、引用文献を確認しながら読みたい方は、旧書「市場と感情の経済学」を読まれたほうがいいと思います。
  1. 2008/03/15(土) 18:42:11|
  2. 行動経済学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<J.D.パワー 顧客満足のすべて/J・D・パワーⅣ世等 | ホーム | クリエイティブ・クラスの世紀/リチャード・フロリダ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/444-7d963c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる