FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

クリエイティブ・クラスの世紀/リチャード・フロリダ



★★★★★

新たなパラダイムシフト

クリエイティブな人たちが国の競争力を決める。
従来アメリカに集中していたクリエイティブな人たちが、最近世界に分散してきている。
これからのグローバル経済の中で勝ち残るには、クリエイティブな人たちを育て、惹きつける施策を早急に打ち出す必要がある。

本書の要旨は以上のようなものです。

これまでも知識労働者、イノベーション、人材獲得競争等々様々な切り口でこの手の本がでていますが、
本書はそれらをクリエイティブ・クラスというキーワードで整理しつつ、
可能な範囲での統計資料を駆使して実証し、かつある程度の処方箋を提示しています。

これからの世の中がどうなっていくのか、またその中でどう生きていくかについて、
しっかりした本を一冊じっくり読みたいという方にはお薦めのものです。

未訳の書籍が数冊あるようですが、翻訳出版が望まれます。

<< セイラー教授の行動経済学入門/リチャード・セイラー  【BACK TO HOME】  千円札は拾うな。/安田佳生 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP