FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

グローバリゼーションを擁護する/ジャグディシュ・バグワティ



★★

やりすぎ

確かに本書で記されているように根拠のない浅薄な議論に終始する団体も多いでしょうし、
そのことで自由市場経済から隔離され貧困から脱することができない民が数多くいることも事実でしょう。

しかし、グローバリゼーションを「べき論」として展開し、グローバリゼーションに従うべきだという著者の展開はやりすぎではないかと思います。
それが、グローバリゼーションのポジティブな要素と反グローバリゼーションのネガティブな要素を比較してグローバリゼーションの正当性を論じ、
更に、多国間の自発的な相乗効果によって生み出されるものではなく、アメリカ主導のものをグローバリゼーションとして擁護するかのような内容であればなおさらです。

グローバリゼーションが現在のように進んでいる背景には確実にメリットがあるはずなのですが、
著者のような展開をすればするほど、かえって反グローバリゼーションへの掛け声が強くなるのではないか、と危惧します。

また、反グローバリゼーションへの批判はあっていいのですが、
グローバリゼーションのあり方や、グローバリゼーションそのもののポジティブな要素とネガティブな要素を冷静に分析し、
様々なグローバリゼーションへの選択肢や効果的方法を提示することのほうが重要でしょう。

経済学者にはもっと本質的な研究・検証をしてもらいたいと思います。

<< グローバリゼーション-文化帝国主義を超えて/ジョン・トリムソン  【BACK TO HOME】  MITチームの調査研究によるグローバル企業の成功戦略/スザンヌ・バーガー等 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP