FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

ハイエクの経済学/G・R・スティール



★★★★★

重要なハイエク考察

本書は、ミルトン・フリードマン曰く、
「ハイエクの研究の最も包括的にして徹底的な考察」とのことです。

ハイエクの幅広く奥深い研究内容について、
マルクスをはじめとする社会主義経済学者、ケインズをはじめとする均衡主義経済学者などとの比較をしながら、
ハイエクの考察が、如何に現実を直視しているか、如何に人の特性を中心としているか、
について解説しています。

実際にビジネスの世界で活動している者として、また人と経済・社会との関係のあり方に興味のある者として、
ハイエクの考察は他の経済学者とは異なり、実用性の高いものだということが再認識できました。

ハイエクは日本(の経済学界?)ではあまり人気がないためか、
他の経済学者と比べると入手可能な書籍が少ないため、本書のような書籍でハイエクの思想・哲学を理解するしかないのですが、
そのような状況であるが故に、本書は価値ある1冊だと思います。

本書を読んで、ハイエク自身の著書に更に触れてみたいと思いました。

関連記事

<< ハイエク-自由のラディカリズムと現代/エイモン・バトラー  【BACK TO HOME】  ハイエクのポリティカル・エコノミー/スティーヴ・フリートウッド >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP