FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

新しい自然学/蔵本由紀



★★★★★

新しい科学の見方

カオス理論、複雑系理論、ネットワーク理論に関する本を読み漁り、
その主張するとことは理解できましたが、
今までの科学とどこがどれだけ異なるのか、どれだけ新たな知見が得られるのか、どれだけ効用があるのか、
についてはなかなか得られるものがありませんでした。

それを本書が見事に解消してくれました。
本書は単に非線形科学の解説本ではありません。

1.科学描写の構造
これまでの科学、すなわち主語的統一(モノの科学)に知識・思考が偏在しており、
それを上手く昇華するには、これからの科学、すなわち述語的統一(コトの科学)を発展させる必要があること、
それを非線形科学が担っていること、を判り易く説明しています。

2.非線形科学から見る自然
その両輪を見定めた上で、非線形科学の基礎を、
カタストロフィ、カオス、フラクタル、複雑系といった、
これまで登場した用語を丁寧に整理して紹介しています。

3.知の不在と現代
更に、知の偏在がもたらす不幸を説き、
これからの非線形科学の発展と、主語的統一と述語的統一を、
上手くバランスさせることが本当の幸福であることまで説いています。

科学を通した世界観を見事に変えてくれる本です。
日本にこれだけ素晴らしい科学者がいることに感動しました。
★5つでは足りません。

<< バタフライパワー/J・ブリックス等  【BACK TO HOME】  「複雑ネットワーク」とは何か/増田直紀 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP