FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

スモールワールド・ネットワーク/ダンカン・ワッツ



★★★★

理論そのものの奥深さはみえないが、仕事や生活では結構使えそう

最初の仮説設定が甘かったのか、スモールワールドネットワークという理論そのものには奥深さを感じることはできませんでした。

はじめのほうでこの法則を打ち立て、他の学問分野を古いと強調してはいるものの、
ページをめくるにつれて、法則から見た例外事項が結構出てきます。
そして、バラバシ「新ネットワーク思考」で提唱されている、スケールフリー・ネットワークを批判しながらも、
提出している資料が結局バラバシを肯定するものになってしまっています。
美しい数学を第一目的としたことが結果として美しくなくなってしまった、ということでしょうか。
カオス理論や複雑系理論から入れば、もっといいものになったのではないでしょうか。

スモールワールドの説明については、
マーク・ブキャナン「複雑な世界、単純な法則」の方が判りやすいと思います。
また、バラバシに匹敵する内容としては、
マルコム・グラッドウェル「ティッピング・ポイント」の方が有益です(理論としては荒削りですが)。

但し、仕事や生活では結構使える考え方だとは思います。
普段接点のない人・集団などが、異質な刺激・視点・思考・知識を得たいと思ったときには、
この理論をヒントにするならば、リンク先を意図的に変えてみることが大事だと言えます。
特に、イノベーションをしたいと思うときには、このような考え方で試してみるといいのではないでしょうか。
イノベーションを最初に唱えたシュンペーターは、イノベーションを新結合と定義しています。
スモールワールド・ネットワーク理論とスケールフリー・ネットワーク理論(バラバシ)は、
目的・場面に応じて使い分けることで、相互補完的なものになると思います。

あと、訳注と訳者解説は不要でしょう。明らかに本書とは整合しない自説展開を意図しています。
翻訳者としての役割を逸脱しています。

<< カオス/ジェイムズ・グリック  【BACK TO HOME】  新ネットワーク思考/アルバート・ラズロ・バラバシ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP