FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

脳が教える!1つの習慣/ロバート・マウラー



★★★

苦手なことを何とかするためにはよい

苦手なことを何とか克服するためには、考えられる限り小さなことからコツコツとやりましょう、という昔から言われていたことをわかりやすく解説している本です。

本書で解説されている内容そのものは間違っていないでしょうから、これはこれで使えると思います。


但し、活用できる範囲を絞り込んでいます(苦手なこと)ので、それ以外のことについて何とかしようと思った場合には、本書は使えないと思います。

またビジネスの世界に限定した場合、この小さなことからコツコツとでは市場や企業が要求するスピードには全くついていくことができません(なので、得意なことだけで勝負する重要性が問われています。マーカス・バッキンガム「さあ、才能に目覚めよう」など)。

更に複雑な脳機能の一つだけを取り上げて著者の理論を展開していますので(著者の理論に合う脳機能だけを後付で取り上げたようにも見えます)、実際には本書のようにシンプルにはいかないことも多いと思います。


<< 幸せはいつもちょっと先にある/ダニエル・ギルバート  【BACK TO HOME】  シロクマのことだけは考えるな!/ 植木理恵 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP