FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

心の仕組み/スティーブン・ピンカー



★★★★★

認知科学と進化理論の統合

心理学の世界では、フロイトの精神分析、スキナーの行動科学を経て認知科学まできて行き詰っています。
認知科学は、1980年代に認知革命が起きましたが、
(ハワード・ガードナー「認知革命」を参照)
なぜ人はその認知機能を持つのか、どのような構造で認知するのか、
ということは認知科学でも解明できませんでした。

そこでピンカーが登場します。
ピンカーは進化心理学者として認知科学と進化理論を統合し、
人の心がなぜ今のようになったのか、の解明に挑戦しています。

相変わらずのユーモアを交えた文章でわかりやすくかつ深く解説しています。

また、この世界に入り込むと進化理論・遺伝学・脳科学をある程度知っておかないと理解しにくいところがあります。
以下の書籍をお薦めします。
リチャード・ドーキンス「利己的な遺伝子」など(進化理論)
マット・リドレー「やわらかな遺伝子」など(遺伝学)
アントニオ・ダマシオ「感じる脳」など(脳科学)
ジョセフ・ルドゥー「シナプスが人格をつくる」など(脳科学)
ダニエル・デネット「自由は進化する」など(科学哲学)

上中下巻セットです。
文庫化により上下巻になりました。

著者解説(wiki):スティーブン・ピンカー
  1. 2008/03/08(土) 17:57:43|
  2. 進化心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間の本性を考える/スティーブン・ピンカー | ホーム | 言語を生みだす本能/スティーブン・ピンカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/182-b266a8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる