FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

リバタリアニズム/渡辺靖



★★★★

アメリカのリヴァタリアニズムがかなり幅の広いものだとわかりました

アメリカのリヴァタリアニズム・リヴァタリアンについての現地ルポ的な記述になっています。
著者自身が様々なリヴァタリアンと接触し、生の声を聞いたものなどを、そのまま記述しています。

リヴァタリアニズムは自由市場・最小国家・社会的寛容を中核とはしているものの、
リヴァタリアン個々人によってこれらそのものにも重要度やプライオリティに違いがあり、
また安全保障・宗教・貧困など個々の政策レベルでは様々な考え方の違いなどもあり、
かなり幅広い思想・主義になっていることがよくわかりました。

また、共和党・民主党と比べると小さな勢力ではあるようですが、
シンクタンクがかなり存在し、また草の根での活動も活発であり、
さらにミレニアム世代が少なからず共感していることを踏まえれば、
決して政治経済的に無視できる存在ではないようです。

私自身もF.A.ハイエクやM.フリードマンの影響を受けて、リヴァタリアンを標榜していますが、
保守的な部分もあり(国家安全保障・国内治安維持は政府がしっかり関与すべき)、
リベラル的な部分もあって(個人の人権、特にマイノリティや社会的弱者は政府がしっかり守るべき)、
果たして自分自身がリヴァタリアンなのか、などど悩んでいましたが、
アメリカでも幅広い思想・主義であることがわかりましたので、
安心してリヴァタリアンを名乗ることができると思います。


なお、興味深い本ではありますが、幾つか気に入らないことがあります。
まずは、著者によるトランプ大統領についての誹謗中傷です。
リベラルメディアの表層的なプロパガンダをそのまま垂れ流しているようにしか思えません。
その一方で、トランプ大統領が成し遂げた成果・実績については、ほとんど触れられていません。

次に、ヨーロッパなどの、行き過ぎたグローバリズムへの反省から生まれたナショナリズムへの安易な批判です。
行き過ぎたグローバリズムが国民国家を破壊しているのは確かであり、
国民国家としてナショナリズムが台頭してくるのは当たり前の事象だと言えます。
著者は、このようなナショナリズムの台頭を極右化と断じるだけで、その経緯を全く精査していません。

著者は国際政治経済については、専門家ではないのだと思います。
上記のような論述をするのであれば、まず国際政治経済に精通し、現在の問題を正しく理解することが前提でしょう。
また、このようなことから、著者がグローバリスト・リベラリストだと思われても仕方ないでしょう。
本書のそこかしこから、そのような印象を抱かせるような記述もありましたので。

自由市場・最小国家・社会的寛容の立場から、
トランプ大統領の強力なリーダーシップや国民国家を守るためのナショナリズムについては、
理論ベースで反対の論陣を張っていると捉えることもできますが、
世界がバランス・オブ・パワーで均衡を図らなければならない現実世界において、
また、自由民主国民国家・グローバリズム・コミュニズム(チャイナ共産党をはじめ)の
三つ巴の覇権争いの真っ最中に、
現実を直視せずに単に反対論陣を張るのは、むしろ危険だといえるでしょう。


本書はアメリカのリヴァタリアニズム・リヴァタリアンについて興味深い内容が盛り沢山ですが、
興味のある方は上記の指摘を十分に踏まえていただいた上で、読まれることをお勧めします。
関連記事

<< リバタリアニズム読本/森村進  【BACK TO HOME】  教科書抹殺 文科省は「つくる会」をこうして狙い撃ちした/藤岡信勝、新しい歴史の教科書をつくる会 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP