FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか /渡瀬裕哉



★★★★★

アイデンティティの主体的な再構築・自由意思・アイデンティティの多様性

著者が、チャンネルくららか、他の著作で、
「アメリカのような経済が豊かな民主主義国では経済そのものが争点の筆頭になることはない」
という主旨の発言をされていた(はず)ことから、
「では何が争点なんだろう」「何が起きているんだろう」など、気になって本書を手に取りました。


最も民主主義が発達したアメリカにおいて、マーケティング技術の進歩により、アイデンティティの分断が行われている。
保守・リベラル問わず、選挙に勝つために、国民にアイデンティティをレッテル張りして分断を引き起こしている。
アイデンティティの分断は、多数決で物事を決める民主主義システムに限界をきたし始めている。
現在のグローバルネットワーク社会においては、この現象はアメリカ国内にとどまらず、世界中に伝播し始めている。

また、仮想通貨の世界的な流通によって、アイデンティティの分断が引き起こされ、
これによって国を超えた「越境政党」が誕生し、
一国の民主主義がこれら「越境政党」によって乗っ取られる恐れも否定できない。
一企業でありながら小国よりも巨大なFacebookのリブラ、共産党支配の独裁国家チャイナのデジタル人民元である。

これらに立ち向かうためには、
作られたアイデンティティに振り回されるのではなく、逆にこれらを上手く利用しながら、
自らが持つ多様なアイデンティティを主体的に再構築する必要がある。
そして、再構築に必要なのは自らの自由意思である。
そのうえで、自他のアイデンティティの多様性を認め、共通点・相違点を見出すコミュニケーションを図り、
民主主義の機能不全を是正していくことが求められる。

以上が、本書での著者の分析・主張です。

これは、本当に読んでおいてよかった。
民間企業のくだらないCMに騙されるほど愚かではないつもりですし、
偏向した日本のマスメディアにも騙されるほど愚かではないつもりでもあります。

しかし、いつ、どこで、だれが、どのように、アイデンティティの分断を狙っているのか、について、
常に注意を払っておく必要があるという警告を与えてくれたという点において、
また、どのような手法でアイデンティティの分断を狙ってくるのか、
なにがアイデンティティの分断を作り出すのか、
を知らしめてくれたという点において、
本書の価値は非常に高いものだと思います。

<< 東京改造計画/堀江貴文  【BACK TO HOME】  メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本/渡瀬裕哉 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP