FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

小林節の憲法改正試案/小林節





独りよがりの偏った試案

欧州近代化により生まれた「個人主義」に基づいて個人の「人権」「自由」の重視を謳っているが、
解説を読んでいると、他者や公とのバランスを欠いており、単なる「我儘」にしか思えない。
→反日野党のダブルスタンダードの格好の言い訳にされてしまいそうである
→子供の声がうるさいと言って保育所を作らせない近隣老人の我儘さをどう思うのか?

欧州の搾取的な王政との戦いから生まれた立憲主義の解釈(憲法は権力を縛るための道具)を、
歴史・伝統・文化の全く異なる日本の皇室に無理やり当てはめ、日本の自由な憲法議論を不要に狭めている。
→まさに立憲民主党の立憲主義の主張と同じであり、到底認められない

欧州だけでなく、世界中から良いものは参考にすべきではあるが、
日本には取捨選択する能力に長けてきたから今の日本があります。
欧州の一時代の考え方をそのまま日本に無理やりコピペするような態度は怠慢と言わざるを得ません。


法の下の平等といった理由で二千年以上続いている皇室制度を蔑ろにしている。
皇室を含めた日本の伝統・歴史・文化を祖先から受け継ぎ、子孫に引き継ごうという意思が全く見受けられない。
→薄っぺらいリベラルのポリコレやグローバリゼーションで様々な国家が破壊されている現実を直視できていない

憲法第九条では自衛軍と自衛権を認めており、この部分は評価できるが、
ネガティブな理由のみ挙げ連ねて、海外派兵を悪だと決めつけ、集団安全保障に制約を課しているのは、
著者が重視している国家は国民の幸福を追求すべき、という定義に反している。
→高橋洋一氏の本を読めば、集団安全保障により戦争に巻き込まれる確率が下がることが統計上明らか

声高に「知る権利」を主張し、特定秘密保護法を悪法として糾弾しているが、
著者が求めている「国家が個人が幸福に生きることを保障」するためには、
国家機密を仮想敵国に漏洩させないことや、同盟国と機密情報を共有することも不可欠です。
スパイ天国と言われている日本においては、スパイ防止法制定など何段階もセキュリティを高めなければなりません。
→自衛隊や在日米軍基地の上空にドローンを飛ばせないことに反対している反日野党&メディアレベルの下らなさです

解説に度々、日本が侵略戦争を行った、と出てきました。
このような東京裁判史観・自虐史観を前提に憲法を論じている限り、
日本の正しい伝統・歴史・文化を直視した上での憲法のあり方など導き出せるわけがありません。


本書全体を通じて、自由民主党や保守識者に対して「憲法を知らない」「憲法の素人」など、
著者自身の主張に合わない方々を見下した言説が目立ちますが、
個人的には、著者は「憲法学」以外のリアルな世界は知らない、単なる「アベガー」にしか思えません。




<< 日本会議の研究/菅野完  【BACK TO HOME】  この国を滅ぼさないための重要な結論/倉山満 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP