FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時/石平 渡邊哲也



★★★★★

これまでの識者によるチャイナの将来像とは異なる展開が描かれている

信頼できる識者二人による対談形式により最新国際情勢分析に基づくチャイナの将来展開を描き出している。
これまでの様々な識者とは異なり、チャイナは共産主義国家として内向き志向で存在していくことが、
世界平和にとって不可欠であるとの結論を導出していることである。

個人的に共産主義を否定している者としては、最初にこの記述を読んだ時に違和感を覚えましたが、
全てを読んだ時に、共産主義国家チャイナを世界から隔離することが、
世界平和にとっては現実的な選択肢としては「有り」だと思いました。

ただ、本書の中心議題ではないのか対談されてはいないが、
ウイグル・チベット・モンゴルなどチャイナが侵略しジェノサイドを行ってきた国家・民族については、
可及的速やかに解放すべきであろう。


あと、追加的に対談されている韓国であるが、
両国の関係改善・未来志向とは国交断絶であり、日本政府が事実を積極的に世界に訴えかけていくことであろう。

<< この国を滅ぼさないための重要な結論/倉山満  【BACK TO HOME】  神道に秘められた日本史の謎/監修 三橋健 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP