FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

現代語版 大西郷遺訓/林房雄



★★★★★

これぞ日本の王道

ここ一年くらい所謂保守系の書籍を数多く読んできました。
伝統・歴史・文化・思想・哲学など様々な分野に渡って読んできたと思います。

これら多読により、東京裁判史観やルーズベルト史観また階級闘争史観など、
教育・メディアなどが垂れ流して来たことに起因する洗脳からは抜け出せたと思います。

一方で、日本の保守系の情報をかなり自身に浴びせ続けてきましたので、
自身の視野や思考回路が狭まって来ているのではないか、
変幻自在の物の見方や考え方に自ら制約を課して来ているのではないか、
日本人であることにこだわることが本当に良いことなのか、
といった不安も生じて来たのも確かでした。

しかし、本書を読むことで、上記の不安を一蹴することができました。
西郷遺訓で訴えていることは、まさしく王道であり、
洋の東西やイデオロギーや時代の違いを超越し、
かつ日本が世界に誇ることができるものだと言えるでしょう。

また林房雄氏の解説も秀逸で、
大西郷遺訓をより深く理解するために非常に参考になります。
氏の解説がなければ、大西郷遺訓を正しく理解することは困難だと思います。

氏によれば、
大西郷遺訓に基づいて日本が動いているときは日本も日本人も順風満帆ですが、
大西郷遺訓を見失って日本が動いているときは日本も日本人も艱難辛苦とのことです。

現在の日本がまさに国難を抱えており、艱難辛苦の状態と言えるでしょう。
立法・司法・行政の三権のいずれも国難に対処できているとは到底思えません。
日本はどうあるべきか、日本人はどうあるべきか、を見失っているからでしょう。
利権に溺れ、浅薄なイデオロギーに執着している政官財の体たらくは、
日本を滅ぼしかねませんし、日本人を確実に不幸にするでしょう。
本書と現在の日本を照らし合わせると、そうとしか思えません。

内容が多岐に渡りますので、
詳しくは本書を読んでいただいた方が良いと思いますが、
有名な「敬天愛人」が全ての根本であり、全てを貫いています。


2018年は西郷ブームですので、様々な書籍が出版されていますが、
本書と比べると薄っぺらいものに感じてしまいます。
  1. 2018/11/18(日) 11:20:03|
  2. 伝統・価値観
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大東亜戦争肯定論/林房雄 | ホーム | 日本国紀/百田尚樹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/1190-0e8f83a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる