FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

日本書紀 全現代語訳/宇治谷孟 訳



★★★★

やっと日本書紀を読むことができました

古事記については何冊か読んだことがあるのですが、
日本書紀については、難しい、長文である、という先入観があり、
なかなか手をつけることができませんでした。

たまたま本書を見つけ、
全現代語訳と文庫本2冊分という量に惹かれて、
読んでみました。

文章は読みやすいものになっており、
この点は良かったと思います。

また内容ですが、
古事記にあって日本書紀には無いもの、
古事記には無くて日本書紀にはあるもの、
いずれにもあって同様の内容のもの、
いずれにもあるが内容が異なるもの、など
古事記だけでは得られない情報が結構含まれていることがわかりました。

特に、朝鮮半島の任那・百済・新羅の記述がかなりあることは、
古事記との大きな違いではないでしょうか。

古事記と日本書紀については、いろいろ言われていますが、
個人的には、相互補完しながら神話と古代史を楽しめば良いのではないかと思います。

なお訳者の「はじめに」「あとがき」には余計な文章が多いので、ここだけが残念です。
なんら根拠なく
任那がなかったかのような印象操作があったり、
高皇産霊尊が朝鮮半島由来であったかのような印象操作があったり、
皇国史観が悪いものであるような扱いをしたりと、
訳者のintelligenceを疑わざるを得ない記述があります。
これが日本書紀本文の現代語訳に影響を及ぼしていないこと切に願うばかりです。
ですので評価を少し下げました。

願わくば、竹田恒泰氏に「現代語 日本書紀」を執筆・出版して頂きたいものです。

<< the four GAFA/スコット・ギャロウェイ  【BACK TO HOME】  CRISPR 究極の遺伝子編集技術の発見/ジェニファー・ダウドナ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP