FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

日本の存亡は「孫子」にあり/太田文雄



★★★★

対チャイナ防衛を考える上での必読書

チャイナが日本に対して超限戦を仕掛けていることは明白です。
そしてその超限戦のベースになっているのが孫子の兵法と言われています。
従ってチャイナが如何にして日本を攻めようとしているか、
そして日本はそれに如何に対峙すべきか、
を考える際には少なくとも孫子の兵法を学ばなければならないと思われます。

本書は、実際に日本の国防に携わってきた方による、
孫子の兵法の解説、およびチャイナの戦略、そして日本の対抗戦略に関するものです。

特徴としては、孫子の兵法について
大東亜戦争などの実際の戦争を例示しながら、各項目を解説している点が挙げられます。
この解説を読むことで大東亜戦争が如何に戦略なき戦争であったかがよくわかります。

また孫子の兵法について著者なりの解釈がなされているところもあり、
孫子の兵法をより深く理解する上での参考になると思います。

本書のように、現代の実際の国防に当てはめて孫子の兵法を解説している本は珍しいですので、
それだけでも価値はあると思います。
他には、孫子の兵法ではありませんが、上田篤盛氏の以下の本ぐらいでしょうか。
中国戦略悪の教科書 (『兵法三十六計』で読み解く対日工作)

なお、本書でもそれなりに孫子の兵法そのものを学ぶことはできますが、
現在出版されている本の中で最も本質的に孫子の兵法を解説しているものは、
デレク・ユアン氏の以下のものだと思います。
真説 - 孫子

ただし、国防に携わってきた方にしては極めて残念な記述もあります。
九地篇第十一において、
「散地」(自国の領土)の解説で「我が領土を戦場とせざるを得ない日本の国防上の最重要事」とあります。
この記述は日本が島国であるという固定観念に縛られており、海洋国家だという認識に至っていないことを意味します。
本土決戦になってしまう状況に陥った段階で日本は既に敗北しています。
海洋国家だという認識のもとで国境防衛を考えるべきではないでしょうか。

また「争地」として、沖縄を挙げていますが、沖縄は日本固有の領土、すなわち「散地」です。
国防に携わってきた方が、本気で沖縄をこのようにみているとするならば、許すことはできません。
これも日本を海洋国家ではなく島国だという固定観念に縛られているから、
沖縄を地続きではない離島だと認識してしまっているのでしょう。

日本を広大な海洋国家と捉えるか(事実)、小さな島国と捉えるか(間違った固定観念)で、
国防のあり方が全く異なってきます。

更に孫子の兵法の言葉に引きずられているのか、
陸上のみが語られ、空・海上・海中への発想の拡大や戦略の応用には全く触れられていません。
孫子の兵法を現代に応用する上では致命的な欠落だと言わざるを得ません。

実際に国防に携わってきた方の本ですので、厳しいかもしれませんが評価を少し下げました。
  1. 2018/07/14(土) 17:38:03|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<徳川がつくった先進国日本/磯田道史 | ホーム | 日本人の叡智/磯田道史>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/1163-2810e3e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる