FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

R水素: 再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち/江原春義



★★★★★

R水素、期待大ですね!

水素エネルギーに2種類あることを本書で初めて知ることができました。

水素エネルギーについて知識を得る前に感覚的に感じていたことは、
水を電気分解すれば水素と酸素ができるのだから水素を得られるのではないか、
その水素と酸素を化学反応させれば電気エネルギーが得られるのではないか、
というものでした。

しかし、生半可に知識をかじって得たことは、
水素は単体では存在せず、水素そのものを得るためには、
水素から得られるエネルギーよりも多くのエネルギーを使用するため実用的でない、
しかも安定的なエネルギー供給が必要なので再生エネルギーの水素は得られない、
というものでした。

このことによって、水素エネルギーについて否定的になっていたのですが、
本書のR水素の解説を読んで、
R水素が、私が知識を得る前に感覚的に感じていたことそのものであり、
Rでない水素が、私が生半可に知識をかじって得たものそのものであることがわかり、
とてもすっきりしました。

と同時に、
R水素の実現可能性・持続可能性・代替可能性などの将来性の確かさも知ることができ、
R水素によってエネルギーの技術面でのパラダイムシフトが起きる確信を得ることができました。
水は豊富にある、不安定な再生エネルギーも貯蔵できる、複雑な技術も必要ない、コスパも高い、更に危険が極めて少ない、
といったメリットの極めて大きいエネルギー源ですので、更なる技術開発と量産化により、広がっていくでしょう。

あとは政官業の既得権益との戦い、保守とリベラルの不毛な争いが最大の障壁だといえるでしょう。

政官業の既得権益との戦いについては、
R水素は地産地消に適した形態ですので、地域レベルで潤うようなモデルを導入すれば、大きな圧力はかかりにくいかと思います。

保守とリベラルの不毛な争いについては、冷静になりましょうとしかいえません。
保守は何故か原発推進派にならないといけないという妄想に駆られていますし、
リベラルは何故か捏造が暴露されて久しい二酸化炭素地球温暖仮説を未だに信じて疑いません。
保守であるならば、
日本の安全保障を最優先にすべきでしょうから、エネルギー自給率を高めるR水素の普及を推進すべきでしょう。
また、抑止力保持のための日本独自の核開発は民生用原発が無くてもできますので、原発を推進する理由はありません。
リベラルであるならば、
科学的・技術的根拠に基づいて理論武装したうえで主張を展開すべきでしょう。
既にに政党・メディア・学界・法曹界・教育界・市民団体などが主張している内容について、
根拠の希薄さ、ひどい場合は偏向・捏造・隠蔽などが暴露されており、主張の信頼度が落ちています。

エネルギー問題は極めて重要なものですので、「和を以て貴しとなす」で議論し解決していくものだと思います。

<< 宅配クライシス/日本経済新聞社  【BACK TO HOME】  財務省を解体せよ!/高橋洋一 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP