FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

韓国と北朝鮮は何を狙っているのか/呉善花



★★★★★

ファンタジー好きな民族性からでてくるのかな?何れにせよ日本は抑止力を高めて断交あるのみ!

どうも南コリアは、すべてを差し置いて民族統一をしたいらしいです。

そして、
北コリアにあって南コリアには存在しない
独裁という強力な指導体制
主体思想という民族自決主義
核・ミサイルという軍事力

南コリアにあって北コリアには存在しない
経済力
を足し合わせると強力な民族国家が誕生するというファンタジーを描いているようです。

北コリアにあって南コリアにはない
自民族弾圧
膨大な貧困層(潜在的経済難民)

南コリアにあって北コリアにはない
情治体制(立法・司法・行政の3権よりも国民情緒が上にある)

全く視野に入っていないという都合の良い認知バイアスが働いているようです。

まあ、半島で勝手に行われることですし、民族自決自体は否定しませんので、
普通なら放っておけばいいのですが、
この民族は被害者面して他の国家や民族に迷惑をかけまくりますので、
(参考:石平氏著「韓民族こそ歴史の加害者である」)
日本としては、抑止力を万全にすること、断交を前提として対峙することが求められると思います。

北コリアの核・ミサイルが放棄されなければ、日本も核を持たざるを得ないことは国際的な理解が得られるでしょうし、
現在北コリアとは国交を樹立していませんので、北と南が統一すれば、北コリアとの関係をそのまま維持すればよいでしょう。

著者は、日本が統一後の反日北コリアと国交樹立すると大変だと警鐘を鳴らしていますが、
何故統一後の反日北コリアと国交樹立する必要が日本にあるのでしょうか?
逆に統一すれば南も北と同様に国交断絶すればいいだけのことだと思います。
日本は北と国交を樹立していないので大義名分が立ちます。

また、著者は在韓米軍が撤退することで日本が危うくなることに警鐘を鳴らしていますが、
こちらも逆にバッファーゾーンがなくなるという大義名分のもとに抑止力強化すればいいのではないでしょうか。
対馬を要塞化して日米共同軍事基地にする、日本海沿岸(地上&潜水艦)にトマホーク1000発程度配備する、などです。
統一朝鮮は反日国家ですから、当たり前の自衛権発動です。

「悪友を親しむ者は共に悪名を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」
日本は脱亜論で行くべきです。過ちを繰り返してはなりません。


あとは拉致被害者をどうにかして全員取り戻さなければなりません。
そのためには、憲法9条を改正し、フルスペックの自衛権を発動できるようにし、
軍事力をもってでも取り戻す決意をすることから始めるべきでしょう。
日本人を拉致しているということ自体が侵略行為ですので、
自衛隊が北コリアに行って拉致被害者を取り戻してくることは正当な活動でしょう。
それだけの決意と覚悟を見せてこそ、アメリカも日米同盟を発動してくれるのではないでしょうか。
  1. 2018/03/31(土) 17:22:32|
  2. チャイナ&半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新・台湾の主張/李登輝 | ホーム | なぜ中国は民主化したくてもできないのか/石平>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/1115-0120c992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる