FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

帝室論/福沢諭吉



★★★★★

議会制民主政治・政党政治の弱点や限界を見据えた皇室の積極的な在り方

さすがは福沢諭吉翁というべきか。
議会制民主政治・政党政治の黎明期において、
既にその弱点や限界を正しく見極め、
これらを見据えた上で、
日本の未来を正しく導くために皇室の積極的な存在意義を提示しています。

議会制民主政治・政党政治が俗なるもの、唯物的なものにならざるを得なくなるが故に、
皇室が聖なるもの、精神的な存在として積極的に役割を果たしていく必要があるとしています。

日本古来の文化や芸術の保護、
政治の介入しない教育の普及、
合理では解決できない福祉の促進など、
現在の政治ではなかなかうまくいかない分野について、
皇室に独自の財産を付与した上で皇室にお任せした方が国民の理解が得られるとしています。

アメリカによる占領条約である日本国憲法下での皇室の国事行為と比べると、
かなりの開きがあるとは思いますが、
この開きは単に東京裁判史観の洗脳によるものに過ぎません。

日本は立憲主義のもとで、君主制でもあり民主制でもあります。
この際、ゼロベースで君主制と民主制のベストミックスを
検討してみてもいいのではないかと思います。

<< 日本人の遺伝子/一石英一郎  【BACK TO HOME】  日本人として知っておきたい皇室のこと/日本会議 編 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP