FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

大東亜会議の真実/深田祐介



★★★★★

大東亜会議・大東亜戦争を単純化して考えないための良書

本では日本人が東京裁判史観の呪縛から解き放たれようとし始めています。
アメリカではアメリカ人がルーズベルト史観の呪縛から解き放たれようとし始めています。
両国において、既に保守層の方々は、この2つの完全に誤った史観の呪縛から解き放たれています。

その上でなお、本書を読む価値は大きいと思います。
それは東京裁判史観やルーズベルト史観の呪縛から解き放たれる為だけではなく、
大東亜戦争・大東亜会議を冷静に振り返り、分析し、日本の弱点を導出した上で、
日本の未来を築いていくために、導出された弱点を克服する為です。

大東亜会議に出席した中華民国の汪兆銘によれば、
日本政府は、上下不貫徹、前後不接連、左右不連携の三つの不に要約される、
とのことです。

この三つの不は、
大東亜戦争を始めるに至る原因にもなり、
大東亜戦争に負けるに至る原因にもなり、
現在の日本が未だ真の主権国家・独立国家になりきれていない原因にもなっています。

大東亜戦争は国益の定義もなく、国家戦略もなく、軍事戦略もなく、軍事戦術もない戦争でした。
自衛戦争とはいえ、勝機のない戦争を始め、終わらせ方も考えず戦線を拡大し、
どうしようもなくなったので、大東亜共栄圏を唱え大東亜会議を開催し、
結果としてアジア諸国を欧米列強の植民地から解放・独立させましたが、
肝心の日本自体をアメリカの植民地にしてしまいました。

アジア諸国が独立したことは喜ばしいことですし、
アジア諸国から感謝されるのは嬉しいことですが、
日本と日本人が支払った代償は大き過ぎます。
未だに日本は自らの手で自らの国民を守ることすらできません。
しかも、最初からこの代償を踏まえてアジア諸国の解放・独立を考えていたわけではありませんし、
もし最初からこの代償を踏まえてアジア諸国の解放・独立を考えいたとしたら愚かとしか言えません。

日本が真の真の主権国家・独立国家になり、未来に向けて繁栄していくために、
本書を読んで今一度、大東亜会議・大東亜戦争の真の姿を振り返り、考える必要があるでしょう。
  1. 2018/03/22(木) 15:16:10|
  2. 大東亜戦争の真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか/高橋洋一 | ホーム | 伊勢神宮/所功>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://seedinspire000.blog.fc2.com/tb.php/1109-613ba06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる