FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

AIまるわかり/古明地正俊他



★★★

ビジネスでAI導入を検討する際のきっかけ作りの本

ビジネスでAIの導入を検討してみたい、という企業にとってはきっかけ作りに読まれると良い本かと思います。
ただし、ビジネスでの導入成功事例のみの紹介ですので、失敗事例や投資金額・期間についての説明はありません。
従って、あくまでもきっかけ作りとしての本です。というか野村総研の営業本に近い位置づけと言っていいかもしれません。
とはいえ、導入事例はそこそこありますので、参考にはなります。

また、用語の使用方法に違和感を感じます(AGI・AI、大人のAI・子供のAI、強いAI・弱いAIなど)。
これについては、研究者の対談本である、強いAI・弱いAIの方が正確なんだろうと思います。

<< 日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか/山村明義  【BACK TO HOME】  強いAI・弱いAI/鳥海不二夫 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP