FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

真実の日米開戦/倉山満



★★★★★

歴史を学んで日本の未来を取り戻す

倉山満氏の近現代史の著作は全て、単に正しい歴史認識を得るためだけでなく、
正しい歴史認識を学ぶことで、日本の未来を取り戻すことを目的としています。
本書もその目的で書かれていると思われます。

ですので、単に近衛内閣が無能だったから大東亜戦争に負けたというだけではなく、
消費税増税すら阻止できない安倍内閣が安全保障強化のための憲法改正ができるのか、
そしてその安倍政権でさえ、後継候補が見当たらないという致命的な人材不足をどう打開するのか、
という視点を本書から得る必要があるのではないでしょうか。

また、本書でもよく使用されている4象限を頭の中に叩き込み、
現在の各種勢力が各象限の何処に位置付けられるのかを見極めながら、
建設的な議論と実効性ある実践をしていく必要があるのではないでしょうか。
本来多数派を占めなければならない右上にほとんど人材がいないのが現実といえるでしょう。

当面の目標としては、
まず主権国家・独立国家になることです。
北コリアに拉致された日本人を実力で取り返せないようでは
また南コリアの度重なる卑劣かつ無礼な態度を一喝・一蹴できないようでは、
主権国家・独立国家とはいえません。

次に、チャイナに日本単独で対抗できる軍事力・外交力・諜報力・経済力を獲得すると共に、
それを正しく使うことができるために正しい日本の歴史・伝統・文化を身につけること、
日本と諸外国の比較をしながら、互いの優劣や国際情勢を正しく認識すること、
日本人が誇りと自信を持って世界の国々・人々と上手く付き合っていくことだと思います。
そしてこれらを決意することが重要だと思います。
日米同盟やインド・太平洋構想も重要ですが、外国に頼りすぎるのは危険だと思います。

その前提として、
左下の東京裁判史観・自虐史観・階級闘争史観からも、
右下の大東亜戦争日本礼賛史観からも、
脱却する必要があるでしょう。
明治維新から大東亜戦争終結までを冷静に吟味し、
日本人の誰が、日本国内の何が、
日本を敗戦に追い込み、多数の日本人の尊い命を奪ったのかを正しく認識し、
日本人自らの手で、原因を特定して裁き、直し、防ぐことが求められると思います。
そうしなければ、自国の問題を他国に責任転嫁してまた同じ過ちを繰り返しかねません。

日本は自衛戦争を行うとともに、アジア諸国・民族を解放したが、
戦略なき無謀な戦争で尊い日本人の命を多数犠牲にした、
大東亜戦争には光と影があり、影の部分は罪を問われなければならないということです。

倉山満氏は3万人でいい、と述べておられるので、その中に入れるよう研鑽を積みたいと思います。

<< 強いAI・弱いAI/鳥海不二夫  【BACK TO HOME】  決定版AI 人工知能/樋口晋也他 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP