FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

パヨクニュース2018/千葉麗子



★★★★★

パヨクは何故、日本に存在し続けるのか?

本書にあるパヨクの数々の暴挙を読んで、
パヨクは日本にとって百害あって一利なしだということを再認識しました。

日本の歴史・伝統・伝統を踏まえれば、日本においてパヨクは受け入れられません。
しかし、パヨクは厳然と存在し、益々あからさまかつ攻撃的になってきています。
いったいパヨクは何故、日本に存在し続けられるのでしょうか?

日本にいるパヨクはどんな方々なのでしょうか。
以下は本書を読んでみてのあくまでも仮説です。
・チャイナやダブルコリアの工作員
・チャイナやダブルコリアに金で買収された守銭奴
・チャイナやダブルコリアのハニートラップ等にかかって弱みを握られた愚か者
・日本で共産主義革命を起こそうとしている思想家・活動家
・リベラリズムやコスモポリタリズムが唯一の理想だと妄想している無能エリート
・社会的弱者やマイノリティを利用して利権を貪る偽善者
・何でもいいからとにかく国家批判や権力批判をしたい被害妄想者
・日本の力を弱めることで金儲けしたいグローバリスト
・自分自身でよく考えずに上記の人たちに感化されてしまった人達 など

日本としては、思想・信条の自由は保証しつつも、
日本の歴史・伝統・文化にもっと自信と誇りを持ち、国内外にもっと広めることで、
日本を愛してくれる人々を増やしていく努力を国家を挙げて行う必要があるでしょう。

また、思想・信条は自由ですが、活動の準備と活動そのものは犯罪ですし、
場合によっては国難に値する場合も十分にありえますので、
安全保障強化の課題として取り組む必要があるでしょう。

日本は戦後このような政策を怠ってきたが故に、
パヨクは日本に存在し続けられたのではないでしょうか。

本書を読んで考えさせられたことをレビューさせていただきました。

<< 広辞苑第六版  【BACK TO HOME】  2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス/三橋貴明 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP