FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

自衛隊の弱点/飯柴智亮



★★★★★

米陸軍大佐としての実戦経験がある方の言葉は重みがある

著者の書籍は何冊か読んでいます。
本書でも過去の書籍での提言を繰り返されているものもありますが、
さらに広くかつ深く洞察し、自衛隊の弱点を露にしています。

具体的な自衛隊の弱点については、本書をお読みいただければ納得できると思います。

それにしても、
著者の本を読むたびに自衛隊の脆弱性が浮き彫りになるだけでなく、
自衛隊(というより防衛省・政府)の国防についての思考の浅さ、思考停止状態には辟易します。

これでは、たとえ現行憲法第9条が改正できたとしても、
日本の国防力・抑止力は何も変わらないでしょう。

また、今のまま防衛費を世界標準の対GDP2%にしたところで、
日本の国防力・抑止力が真の意味で強化できるとも思えません。

政府は日本と日本国民を本気で守り抜く気がないと言われても仕方ないでしょうね。

現行憲法第9条が改正できないと何もできないと言っている保守政治家・言論人も、
同じ穴の狢だと思います。

YouTubeやSNSなどで自論を主張している自衛隊OBの言説(元幕僚長も含む)と、
米陸軍大佐としての実戦経験がある著者とでは言葉の重みが全く違います。
自衛隊OBのレベルが低すぎます。
自衛隊が軍隊とは全くいえないことがよくわかります。

著者の主張がもっと数多くの方々に知られ、受け入れられ、広まることを期待しています。

トランプの真実/ダグ・ヴィード著 藤井厳喜監修

358D646C-B8C7-4A15-B0C6-880449CFFC01.jpeg「トランプの真実」(ダイレクト出版)

★★★★★

トランプ大統領の誕生が照らした光、トランプ大統領がいなくなる闇、両方考えさせられる

まず本を手に取った時に、その大きさと分厚さに圧倒されました。
しかし、読み始めたら、面白くてページをめくる手が止まらなくなり、1日で読了しました。

先ずは、トランプ・ファミリーについて以下のことを感じることができました。
・アメリカとアメリカ市民を想う真剣さ
・結束の強さ
・高いIntegrityと高いIntelligence
・冷静さと温かさ
・決断や実行の力強さ など

そのような側面を強調する本なんだ、
と言われればそれまでなのですが、
反トランプに凝り固まっていない人であれば、
トランプ・ファミリーファンになるのではないでしょうか。


次に、これだけの(以下のような)敵に周りを囲まれながら、
よくMAGA(Make America Great Again)を実現してきたな、と感嘆することの連続でした。
・民主党をはじめとする社会主義者・共産主義者
・民主党と結託した左翼メディア・左翼アカデミズム・左翼ハリウッド・左翼芸能界
(これらそのものがほぼ左翼なので同義反復ではありますが)
・民主党の実行部隊ともいえる極左暴力集団・テロリスト(ANTIFA・BLMなど)
・これまでの(少なくともWW2以降の)アメリカが続くことで利権を得られるエスタブリッシュメント
・金儲けのためには人権・人命などどうでもよいグローバル企業(GAFAや国際金融資本など)

上記についてはある程度知ってはいましたが、
これらが反トランプで結集して手段を選ばずにトランプを追い詰め追い落とそうとしてきた
数多くのエピソードからは、アメリカの自由と民主主義の危機を感じさせられました。

特に共和党大統領の子供たちが大学へ通うこと自体が危険であるという
エピソードにはゾッとさせられました。
また、トランプが当選した直後にマドンナが「ホワイトハウスを燃やす」などと発言したという
エピソードにはげんなりさせられました(もうマドンナの楽曲は聴く気になれませんね)。

個人的なことですが、
アメリカドラマで気に入っていた俳優さんたちをInstagramでフォローしていましたが、
2020年選挙時にInstagramでバイデンの写真を載せて嬉しがっていましたので、
速攻で削除しました。

このようなことは、トランプやファミリーも十分に理解した上での出馬だったのでしょうが、
よくこれだけの危険な状況で、アメリカのために立ち上がったな、と敬服するしかありません。


更に、よくこの短期間でこれだけの公約を実現できたなと感心するばかりです。
しかも、これまでの大統領(共和党・民主党問わず)が出来なかったこと、
ノーベル経済学賞受賞者をはじめとした各種専門家が出来ないと断言したことばかりです。
・内政では、アメリカ経済の復活(雇用増大・失業率低下・報酬増加など)など
・外政では、ISISの殲滅・北朝鮮との交渉実現・チャイナの覇権拡大への対峙など

しかも、トランプ・ファミリーの面々が主要な役割を担い実現の中核にいたというのは驚きでした。


これらをトランプ・ファミリーの伝記としてストーリー仕立てで書かれていることが、
上記についてより理解しやすく、共感を持ちながら読むことができた大きな理由だと思います。
これだけの大量の情報を1日で読み切ることができた理由でもあると思います。


一方で本書を読んで満足するだけではなく、
本書から個人的に読み取らなければならない大事なことがある思います。

・世界最強の自由民主国家であるアメリカが、ここまで病んでいること
・トランプが大統領にならなければ、この病んだ状態そのものが明らかにならなかったこと
・この病んだ状態を生み出し、維持しようとしている勢力がアメリカ国内を席巻しようとし続けていること
・トランプ大統領が公約を実現したことで、逆に病んだアメリカを生み出した勢力が全力で巻き返しを図っていること
・実際に2020年大統領選挙で、病んだアメリカを生み出した勢力が不正投票・不正集計などの疑惑を持たれていること
・もし上記疑惑が証明されたら、アメリカの自由民主主義そのものが危機に陥ってしまうこと
・上記疑惑がなく、バイデン民主党大統領が誕生したら、アメリカが社会主義国になりかねないこと
・疑惑にせよバイデン大統領誕生にせよ、アメリカはより病んでしまうこと

またこれらのことによりアメリカ国外にも多大な悪影響が生じるでしょう。
・独裁国家チャイナの覇権拡大を阻むことができる中核国家が不在となること
・世界が独裁国家チャイナに席巻されてしまう可能性が高まること
(世界中が、チベット・ウイグル・モンゴル・満洲民族のように侵略・ジェノサイドの被害者になりかねない)
・日本はチャイナの属国・属州になる危険性が極めて高まること
・日本の反日左翼だけでなく親中勢力によって、日本を内部から崩壊させる危険性が極めて高まること
などなど

そして、今もっとも危険な動きが日本で起きています。
政府与党自らの意思にによるチャイナへの擦り寄りです。
(短絡的な経済最優先・自由民主主義陣営への裏切りと受け取られかねないRCEP加盟など)。
自らチャイナの属国・属州になりたいかのような危険な動きです。
日本国民をジェノサイドの被害者にしても構わない、とでも思っているのでしょうか。

本来であれば、日本は覚悟を持ってアジアにおける自由民主主義陣営のリーダーとして先頭に立つ決意を固め、
QUADメンバーの豪印、Five Eyesの各国、TPP11の各国などを説き伏せ、
結託して、病んだアメリカをうまく巻き込み、台湾も国家承認して、チャイナに対峙すべきなのですが。

消費税増税・武漢ウィルス対策で露呈した無能さなどにより、
すでに政府与党が国民の幸福を考えていないことは、わかりきってはいましたが、
ここまで酷いと、やはり独立主権国家としての矜持がないんだな、と情けなくなります。
台湾の方がよほど独立主権国家としてしっかりしていると思わざるを得ません。

本来であれば、安倍政権で掲げた3本の矢を全て一気に放ち、
経済を再生させることで、国民を不幸のどん底から救い出すと共に、
国家戦略・国家安全保障戦略を早急に打ち出し実現させることで、
独立主権国家として富国強兵を最優先かつ迅速に推進すべきなのですが。

しかも、日本からは、
トランプ大統領のような逸材は登場しそうにありません。

さらに、日本の自称保守政治家・言論人も
ほとんどの人たちは口だけで行動しないだけでなく、
左翼同様に内ゲバを繰り返している始末なので期待できそうにありません。


もはや、日本では自分や家族の生命・安全・人権は自分自身で守るしかないのでしょうか。
残念なことですが、私ごときでは、それ以外の答えが見つかりません。

日本がどうすべきなのか(What・Why)は十分にわかっているのですが、
それをどのように国家として、また政府与党に実行させられるか(How)がわからないのです。


本書で描かれたトランプ・ファミリーが凄すぎたので、
逆にこれからの日本を想像するに、差が大きすぎることまで見えてしまいました。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP