FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

進化の意外な順序/アントニオ・R・ダマシオ



★★★★★

これは凄い!

ダマシオ氏がまた凄いことをやってくれました。
著者の本は全て読んでいますが、
これまでの本で提起してきた、
ソマティック・マーカー仮説やあたかもループ仮説など、
脳と身体との相互関係の重要性、情動や感情の重要性についての科学的知見を、
ホメオスタシスについての最新生物学的知見を駆使して、
更に武装・発展させています。

更に、ホメオスタシスを深く掘り下げることで、
遺伝子の前にホメオスタシスあり、
生命体は遺伝子の乗り物に過ぎないわけではない、といった
従来の進化論に対して、科学的知見を駆使して反駁しつつも、
進化論をより奥深いものに発展させています。
リチャード・ドーキンス氏による本書の感想を聞いてみたいものです。

ホメオスタシスそのものについては、
言葉を聞いたり、
生命の身体を生存のために自動調節する機能だということを知っていたりなど、
生命科学に興味のある方であれば、知らない方はおられないと思いますが、
著者は、ホメオスタシスの概念を科学的知見に基づいて更に発展させています。

ホメオスタシスは、
単に自動調節機能というだけでなく、
より生命を繁栄させる機能も併せ持っている。
そのことによって生命誕生以来現在に至るまで、
ホメオスタシスが感情の源泉として重要な役割を担ってきた。
更に進化により神経系が発達してくると、
ホメオスタシスと神経系が統合することにより感情の表出ができるようになってきた。
そして脳機能が発達することにより、
ホメオスタシスを源泉の1つとする感情を認識することができるようになり、
また感情により理性・知性・創造性が喚起されるようになり、
その現時点での最高点としての人間の文化が築きあげられてきた。

つまり、簡単に要約すると、
ホメオスタシス→感情→認知→理性・知性・創造性→文化
という進化の流れと、人間の営みの流れを見出すことができた、
ホメオスタシスは身体維持の単なるサーモスタットではない、
ということです。

このような圧倒される展開からは、
意識はどこにあるか、という問題も、
脳と身体の相互作用に基づく生命全体の営みから生じるものであり、
物理的な場所を特定する、何かに還元するような質問は、
それ自体が間違っているのではないか、
と思わされます。

もちろん、
脳と身体の中にある様々な担当組織・関係そのものなどを探究することは
重要なテーマであり続けるとは思いますが、
それでも、まずは著者が本書で提唱している生命のダイナミクスについて。
理解し、前提とした上で探究すべきでしょう。


あと、著者は現在〜近未来について、
上記のような生命の在り方・進化の在り方を踏まえて見据えていますが、
感情を持ったAIや、
一般的に使われているシンギュラリティはあり得ないという主張は、
十分に理解・納得できます。
また、世界の恒久平和、それに必要不可欠な協調についても、
人間が人間である限り、決して容易なことではないという主張も、
十分に理解・納得できます。


なお、訳者あとがきで
「本書は気軽に読める類の本ではない」と書かれています。
確かに気軽に読めるものではないとは思いますが、
決して理解困難なほど難しいものでもありません。
特に著者の本をこれまで読まれてきた方や、
ヒトの自然科学を学ばれてきた方にとっては、
むしろページが止まらない面白さがあります。
※ヒトの自然科学:脳科学・神経科学・遺伝学・進化学・神経心理学・進化心理学など

久しぶりに、ダマシオ氏の新作を読むことができて、
非常に知的好奇心をくすぐられると共に、新たな知見をいただくことができました。

前著の「自己が心にやってくる」(2013年)も良かったのですが、
訳者(山形浩生氏)がこの分野のド素人で、かつ自分が頭脳明晰だと勘違いしているようで、
まともな邦訳になっているとは決して言えないものでした。
したがって、本書ほどは楽しめませんでした。

それ故に、私にとっては前々著「感じる脳」(2005年邦訳)以来の
本当に久しぶりのワクワク感を感じることができました。

とにかくオススメの本です。
ヒトの自然科学に興味のある方は、
オススメしなくても読まれると思います。
むしろ、政治・経済など社会科学分野で、
人間とは何かについて知ろうともしない、
言論人や経営者などの方々に読んでほしいと思います。

リバタリアニズム読本/森村進



★★★★★

個人の自由がどれだけ大切なものか、覚醒させてくれました

本書は興味深い構成になっています。
・社会の様々な課題についてのリヴァタリアニズムにおける解釈のあり方
・主要なリヴァタリアン30名による主著の紹介・抜粋と解説
・古典的なリヴァタリアン数名による主著の紹介・抜粋と解説
リヴァタリアン・リヴァタリアニズムについて、広く知ってもらおうという意図かと思います。

様々なリヴァタリアンの主張などを比較していることにより、
リヴァタリアニズムの中核と、様々なヴァリエーションがあることがよくわかります。

それぞれのリヴァタリアンによる著作を読んで得られるほど深い情報は当然ありませんが、
それでも得られるものは少なくないと思います。

様々なリヴァタリアンの主張などを比較していることにより、
リヴァタリアニズムの中核と、様々なヴァリエーションがあることがよくわかります。

リヴァタリアン・リヴァタリアニズムを知りたい方々には、良書だと思います。


本書を読んで感じたことは、
個人の自由がどれだけ大切なものか、それを権力から守ることが如何に重要であるか、
日本においては、個人の自由がどれだけ蔑ろにされているか、
です。

特に日本では、国土、国家権力、歴史・文化・伝統、社会、個人の位置付けや関係について、
明確に切り分けないようにしている印象があります。

当然、これらについては、相互に関連してはいますが、
敢えて整理しないようにしている感もあります。

それによって、個人の自由が埋没し、
個人の自由について真剣に語ることができなくなっているようにも思えます。

しかも国家権力が意図的にそのようにしているようにも思えます。

本書を読むと、日本は社会主義だな、と思わざるを得ません。

しかも、国民が自由を謳歌するための手段に過ぎない国家権力が、
政官業を中心とした癒着・既得権益で勢力を拡大させ続け、支配層となり、
国民の自由を奪っているとしか思えません。
リヴァタリズムによれば国民の奴隷化推進のための福祉政策・福祉国家化についても、
この連中は、奴隷化に止まらず、そこから天下り・補助金・キックバックなどで、
ここぞとばかりにに国民から自由を奪っています。
しかも、福祉政策などの維持のために、財政を理由として増税するなど、
何重にも国民の自由を奪っています。
それも、政官業が一体となって国民に嘘の情報を流し、無理やり国民に信じ込ませるという、
洗脳まがいの手段を駆使して、国民の自由を奪っています。

さらに、
日本の保守勢力は個人の自由よりも国家を重視する傾向があり、
かつ自分たちの都合の良い国家観や歴史・伝統・文化の解釈で、個人を縛ろうとします。
一方でリベラル勢力はほとんど反日勢力と化していますので、
日本人の自由(リベラル)を蝕んでいるとしか言いようがありません。
このように、
国民の自由を大切に守り、国民の自由を重視した政策を打ち出し・実行している政党は
日本に存在しません。

これでは、日本は隣の共産主義国家と似たり寄ったりと言わざるを得ません。

ですので、今の、そしてこれからの日本人にとっては、
リヴァタリアニズムの発想・考え方が非常に重要になるはずです。

個人的には国家権力は、
夜警国家(国内の治安維持:警察・消防など)、国外からの外敵排除:外交・国防など)
に加えて国民の最低限の生活保障だけに制限し、
それ以外は、国家権力から切り離したほうがいいと思います。

さらに、国家権力独占が故に自然に劣化・腐敗することが必然である
立法・司法・行政も適切な競争環境に置いて、
サービスレベルを向上させたほうがいいと思います。
例えば、
行政は上記に制限された国家権力以外は、
地方に任せる、地方自治体すら可能な限り民営化させる
司法は民営化して競争させることで、
国民が裁判時に選択肢を持つことができるようにさせる
立法は国民の自由を阻害している法律を減らすことを主目的とし、
そのような法律をどれだけ減らせたかで勝負する
もしくはそのような法律を無効にする法律の立法をどれだけ行ったかで勝負する
などがいいのではないか、と思います。

このようにすれば、
既存の大半の国家権力期間や傘下機関は不要になるので廃止できますし、
その分、政官業の既得権益が弱体化し、少なくなります(ゼロにはならないと思いますが)ので、
相対的に個人の自由は拡大させることができるでしょう。

そうなれば、日本を好きになる、日本で生きていきたい国民も増えるのではないでしょうか。
また、国家権力は嫌いでも、日本は好き、という国民もでてくるのではないでしょうか。
そして、個々の国民の自由に基づいて、好き好きに歴史・伝統・文化、社会を大切にできるのではないでしょうか。

一方で、国際関係上、
日本国民の自由を大切にするためには、日本という国が強くなければなりません。
国防の観点からはもちろんですが、経済的にも、精神的にも強くなることが必須です。
また、日本という国、日本人が世界にとって必要不可欠であることも必須です。
その原動力は、国民の自由をどれだけ大切にし、自由を拡大できるか、だと思います。
そして、個々の日本人が、自らの自由を自らの意思で駆使して、
自分にしかできないこと、日本人にしかできないこと、を創造し、推進して続けていくこと、だと思います。

国民の自由によって日本という国が強くなり、強くなった日本が更に国民の自由を拡大させる、
という良いスパイラルが求められるのではないか、と思います。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP