FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

教科書抹殺 文科省は「つくる会」をこうして狙い撃ちした/藤岡信勝、新しい歴史の教科書をつくる会



★★★★★

教科書検定はアカ認定でOK。文科省は廃止でOK。

概要は藤井厳喜氏のWFで知りました。
早速、本書を手に取り読んでみました。

教科書検定1発不合格という前代未聞の結果の理由として
欠陥として指摘された405件のうち、
よりすぐり?の100件を本書に掲載しているとのこと。

100件の内容をすべて読んでみると、
東京裁判史観、自虐史観、ルーズベルト史観の洗脳から
脱却している方にとっては、
つくる会の教科書内容は当たり前のことが書かれているだけだとわかります。
そして教科書検定がどれだけ赤く染まり切っているかが、よくわかります。

教科書検定はアカ認定でOKだと思います。

しかし、よくもまあこれだけ恥ずかしげもなく欠陥としたものだと思います。
赤く染まったルーズベルト政権下のアメリカ傘下のGHQによる
(GHQは連合国(UN)下だが実質的にはアメリカ傘下)
WGIPによって東京裁判史観・自虐史観の洗脳に染まったまま、
もしくはそれに意図的に乗って自身の共産主義を押し付けているだけです。

もしくは、チャイナ共産党に忠誠を誓った共産主義者かもしれません。
チャイナ共産党への配慮や忖度は忘れずにしっかりとしていますので。

当然、教科書検定の所管は文部科学省ですので、
教科書検定の調査官を招聘した文部科学省にも上記のような方々がおられるはずです。
いなければ、このような方々が招聘されるはずはありません。
まあ、歴史学会そのものがコミンテルンという言葉がタブーとされるような、
アカの巣窟のようなところのようですので、
歴史学会から無作為抽出で調査官を選んでも似たような結果になるとは思いますが。。。

子供たちには
学問の自由(現行憲法第23条)、教育を受ける権利(同26条)
が保証されています。
また、思想信条の自由は侵してはならない(同19条)
も保証されています。

このようなアカによる検閲は、個人的には憲法違反だと思います。
仮に真逆の思想・主義だったとしても同様です。

したがって、
まずは教科書検定そのものを廃止すべきでしょう。

そして最終的には、
血税を無駄遣いし、全く国民の役に立っていない
文部科学省そのものを廃止すべきでしょう。

そうすれば、その分の税金が浮きますので、
税金という名目で搾取されている国民の財産が国民の手に戻りますので、
国民の自由度が増し、
国民にとってより幸福な国家を実現することができるでしょう。


なお、本書は100件の指摘に対して、
しっかりと反証していますので、
歴史を学ぶためにも役立つ本だと思います。
文部科学省のアカ具合と歴史を学ぶ(学び直す)、二度美味しい本です。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP