FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか /渡瀬裕哉



★★★★★

アイデンティティの主体的な再構築・自由意思・アイデンティティの多様性

著者が、チャンネルくららか、他の著作で、
「アメリカのような経済が豊かな民主主義国では経済そのものが争点の筆頭になることはない」
という主旨の発言をされていた(はず)ことから、
「では何が争点なんだろう」「何が起きているんだろう」など、気になって本書を手に取りました。


最も民主主義が発達したアメリカにおいて、マーケティング技術の進歩により、アイデンティティの分断が行われている。
保守・リベラル問わず、選挙に勝つために、国民にアイデンティティをレッテル張りして分断を引き起こしている。
アイデンティティの分断は、多数決で物事を決める民主主義システムに限界をきたし始めている。
現在のグローバルネットワーク社会においては、この現象はアメリカ国内にとどまらず、世界中に伝播し始めている。

また、仮想通貨の世界的な流通によって、アイデンティティの分断が引き起こされ、
これによって国を超えた「越境政党」が誕生し、
一国の民主主義がこれら「越境政党」によって乗っ取られる恐れも否定できない。
一企業でありながら小国よりも巨大なFacebookのリブラ、共産党支配の独裁国家チャイナのデジタル人民元である。

これらに立ち向かうためには、
作られたアイデンティティに振り回されるのではなく、逆にこれらを上手く利用しながら、
自らが持つ多様なアイデンティティを主体的に再構築する必要がある。
そして、再構築に必要なのは自らの自由意思である。
そのうえで、自他のアイデンティティの多様性を認め、共通点・相違点を見出すコミュニケーションを図り、
民主主義の機能不全を是正していくことが求められる。

以上が、本書での著者の分析・主張です。

これは、本当に読んでおいてよかった。
民間企業のくだらないCMに騙されるほど愚かではないつもりですし、
偏向した日本のマスメディアにも騙されるほど愚かではないつもりでもあります。

しかし、いつ、どこで、だれが、どのように、アイデンティティの分断を狙っているのか、について、
常に注意を払っておく必要があるという警告を与えてくれたという点において、
また、どのような手法でアイデンティティの分断を狙ってくるのか、
なにがアイデンティティの分断を作り出すのか、
を知らしめてくれたという点において、
本書の価値は非常に高いものだと思います。

メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本/渡瀬裕哉



★★★★★

日本の保守言論空間は鎖国状態だということがよくわかりました。

アメリカ保守空間の最新の一次情報に直接触れることのできる貴重な本です。
また、情報そのものと、著者の意見が明確に分けて書かれているので、非常に分かりやすいです。


本書を読んで、日本の保守言論空間がどれだけ歪なものか、よくわかりました。
日本のほとんどの保守言論人は、世界から隔絶された状態で、国内のネトウヨ相手に戯れているだけのようですね。

また、せっかく善良な保守として目覚めた日本にとって貴重な方々をも、
自分たちの商売のために、堕落したネトウヨに貶めてしまっています。ビジネス保守ですね。
これは重大な罪だといえるでしょう。

これでは、どれだけネット社会が発達しても情報の質が向上しない以上、資源と時間の無駄ですね。

日本の保守言論人は、よく左翼のことをバカにします。
それはその通りだとは思いますが、本書を読めば、保守言論人も同じ穴のムジナだとしか思えません。
どちらの陣営も、結論ありき、持論先行で、都合のいい情報だけを取り上げたりする著作や投稿が少なくありません。
倉山満氏の4分類を借りれば、右下か左下かの違いに過ぎません。

まるで保守鎖国です。保守ガラパゴスです。

アメリカをはじめとして、海外の政治系の一次情報を丁寧に紹介してくれるのは、
私の知る限り、著者の渡瀬裕哉氏と、江崎道朗氏ぐらいです。
他の分野では、チャンネルくらら出演者の方々ぐらいでしょうね。

カテゴリー「救国シンクタンク」を追加しました。

倉山満氏、江崎道朗氏、渡瀬裕哉氏が中心となった立ち上げた救国シンクタンク。
3名の著作のレビューについてのまとめカテゴリーです。

孫子の盲点 ~信玄はなぜ敗れたか?/海上知明



★★★★★

孫子兵法に基づく信玄分析

武田信玄が孫子兵法を活用していたことは「風林火山」の旗印などからも、
また、様々な小説やドラマにおいても孫子兵法が触れられていることからも、
知らない人の方が少ないでしょう。

しかし、人文科学系学者・学界において、
武田信玄が孫子兵法をどのように活用していたのか、
についてほとんど研究されていないというのは驚愕でした。

日本の歴史において最も孫子兵法を知り尽くし活用していた
武田信玄の孫子兵法の活用方法が研究されていないことが、
日本の戦略構築の弱さの一因であることは疑いようがないでしょう。

本書では多分、日本で初めて武田信玄が孫子兵法を如何に活用したのか、
戦史を紐解きつつ、孫子兵法のエッセンスや内容を当てはめながら解説した本だと思います。

読んでいくうちに、武田信玄が見事に孫子兵法を使いこなしていることがよくわかりました。
また、武田信玄が負けた時には孫子兵法から外れた戦法を使っていたこともわかりました。


そのうえで、織田信長と武田信玄との天下取りにおける比較が興味深いものでした。
ここで孫子兵法の弱点が露わになります。春秋戦国時代のチャイナの時代背景から来るものかもしれません。
それは、時間(スピード)という概念の欠如です。

たしかに「兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきをみざるなり」など、短期戦を重視はしていますが、
主目的は生き残ることです。
武田信玄は上洛においても孫子兵法を使い続けました。
そして上洛前に病没してしまいました。

これに対して織田信長は、「君主論」的人物、マキャベリストだと著者は論じています。
「君主論」の主目的は、ルネッサンス時代に群雄割拠するイタリア半島を統一することです。
そして、統一するためにはスピードを重視する革命家でなければなりません。
織田信長は絶えず「敦盛」(人間50年)をうたい、自らの寿命を意識し、自らに急ぐことを言い聞かせていました。

これが、天下取りにおける、武田信玄と織田信長の差につながっていきます。
ただし、織田信長も孫子兵法を軽んじていたために、明智光秀の謀反にあい本能寺の変で殺害されてしまいましたが。

※ただ、「君主論」を読みましたが、
スピード重視・革命家を彷彿とさせる記述は見受けられませんでした。
著者の解釈なのでしょうか?


本書は、武田信玄に孫子兵法を適用して分析したものですが、
非常に興味深く読むことができました。
また、本書を読むことで、多少ながら孫子兵法をより深く理解することもできました。

著者には、このようなアプローチで
どんどん戦史と戦略論のマッチングによる分析を進めていただきたいと思います。

なお、著者のこのようなアプローチによる本が既に何冊か出版されていますので、
以下に紹介したします。
・戦略で読み解く日本合戦史
・川中島合戦:戦略で分析する古戦史

君主論/ニッコロ・マキャヴェリ



★★★

当たり前のことが書いてある

君主国を立ち上げ、その君主国を維持するために、
何を為すべきか、何を為すべきではないか、について、
散文ではありながらも、論理構造的にまとめられたものだと思います。

とかく過激な言葉だけが取り上げられていますので、誤解されがちですが、
じっくり読めば、ほぼ当たり前のことが書いてあるだけです。
特に驚くような発見はありませんでした。

もしこれが当時(15世紀)のイタリア・ヨーロッパで新鮮さを持って読まれたとすれば、
よほど君主のレベルが低く、酷かったのでしょうね。

それに比べて、日本では7世紀に、聖徳太子が17条憲法をつくっています。
日本がヨーロッパに比べて、遥か昔よりどれだけ文明的だったかがよくわかります。
ただ、今はそれを失いつつありますので、何とかして取り戻さないといけませんね。

学校では教えられない歴史講義 満洲事変/倉山満



★★★★★

満州事変はバカな日本人による自滅への一歩

本書を読んで唖然としました。
100%バカな日本人による自滅ではないですか。
そして、このまま大東亜戦争に突入して第日本帝国を滅ぼしてしまうとは。
全く言い訳のしようがないですね。

まともな頃の大日本帝国が存在し続けていたら、
ソ連やチャイナ共産党などほとんど脅威ではなかったでしょうし、
国内の反日左翼勢力などほとんど存在しなかったでしょうし、
アジア、ひいては世界はもっと平和だったでしょう。

憲政の常道が機能していないと、
悪いポピュリズムにより国が滅んでしまうということがよくわかりました。

正論が正論として通らない世の中も、
国を滅ぼしてしまう原因になることがよくわかりました。

今の日本が全く変わらないのは、この反省が全くないからなんでしょうね。
今般の中共肺炎での日本政府の対応を見ていると、よりバカになっているのではないかと思わされます。

東京裁判史観・自虐史観とは全く逆の理由で、反省し、学び、活かし、
日本を日本として復活させなければなりませんね。

国民が知らない 上皇の日本史/倉山満



★★★★★

恥ずかしながら知らないことだらけでした

歴史ドラマで登場する上皇のイメージや、
虎ノ門ニュースでの竹田恒泰氏の解説以外、
上皇についての知識・歴史については、恥ずかしながら全く知りませんでした。

本書の内容は、ほぼ知らないことだらけでした。
読んで本当に良かったと思います。

知らないこと自体は自分の責任なのですが、
天皇・皇室についての正しい知識・歴史を学ぶ授業が義務教育にないのはおかしいと思います。
明らかに文部科学省の積極的不作為ではないでしょうか。
こんな省は要りません。現在の学習指導要領も要りません。教科書検定も要りません。

明治天皇の世界史 六人の皇帝たちの十九世紀/倉山満



★★★★★

皇帝を戴く国家の19世紀の比較論

他国との相対比較で、明治天皇時代の日本を論じるというのは興味深い企画ですね。
比較することで各国の特徴や興亡の理由がより明確になるからです。

比較対象は、19世紀に皇帝を戴いていたイギリス・オーストリア・ドイツ・ロシア・チャイナです。

そして、日本とイギリスだけが19世紀を生き抜いたとのことです。

理由は、
オーストリア・ドイツ・ロシアが立憲君主制ではなく、親政であったこと(責任が君主に跳ね返ってくる)
ロシア・チャイナが文明国ではなかったこと(人を殺してはいけないという建前が通じない)
日本・イギリスだけが民主主義であったこと(政府の批判をしても殺されないこと)
ということです。

また、
著者の『天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです』で、
世界比較で立憲君主制が最も安心な国を作ることができる
立憲君主制を廃止した国はことごとく不幸になっている
とありました。

ですので、日本・イギリスが立憲君主制を貫いたことも理由となります。

その上で、
明治天皇が賢君であり、「影法師」徳大寺実則侍従長が賢臣であるという、
立憲君主制最高の組み合わせが、明治天皇御崩御まで続いたことが、
明治日本にとっての強みでした。

一方で大東亜戦争ではどうだったか。
昭和天皇は賢君であったが、政権が愚鈍であったために、
第日本帝国は消滅しました。

ただし終戦の決断においては、
鈴木首相による大政奉還により、帝国憲法の規定に従い御聖断を下したことで、
昭和天皇が亡国から日本を救いました。

天皇陛下がいらっしゃらなければ、日本は存在し得ません。
天皇陛下がいらっしゃることで、日本は存在し得ます。

天皇陛下が日本で最も、日本と日本国民を愛していらっしゃることは間違いありません。

しかし今、臣下である政権が愚鈍であることで、日本は最悪な状況です。
賢臣と呼ばれるに相応しい政権・政治家を国民一人ひとりが、十分に吟味して選ぶ必要があると思います。
それが立憲君主制を上手く機能させるための、正しい民主主義制度の使い方ではないでしょうか。

あと愚鈍な政権は、自ら恥を知る能力を持つ必要があります。
そして自ら愚鈍であると自覚し恥じることができたら、
平時であれば内閣総辞職、有事であれば大政奉還すべきではないでしょうか。

検証 検察庁の近現代史/倉山満



★★★★★

絶対視すべきは人間のIntegrity(真摯さ)

本書を読んで、最初に浮かんだのは、
P.F.ドラッカー氏が著書『マネジメント』において、
世の中で初めて組織経営の世界に訴えた上記の言葉です。

『マネジメント』では以下のように続きます。
Integrityを絶対視して、初めてマネジメントの真剣さが示される。
それは人事に表れる。
リーダーシップが発揮されるのは、Integrityによってである。
範となるのも、Integrityによってである。
Integrityは、取ってつけるわけにはいかない。
Integrityはごまかせない。
IntegrityよりもIntelligenceを重視する者は、マネジメントの地位につけてはならない。
Integrityにかける者は組織を破壊する。組織にとって最も重要な資源である人を破壊する。
組織の精神を損なう。成果を損なう。

検察庁が人で構成される組織である以上、
派閥抗争・政治の圧力などいろいろあるでしょうが、
まずは、Integrityの絶対視から始めてもらいたいと思います。

本書そのもののレビューにはなっていませんが、ご了承くださいませ。

検証 財務省の近現代史/倉山満



★★★★★

眼から鱗!

本書を読むまで、財務省(旧大蔵省)、特に主計局は日本の諸悪の根元の一つだと思っていました。
しかし、本書を読んでからは、それはここ40〜50年ぐらいのことで、
それまでは明治政府設立以来、国益のために闘う優秀な官庁だったことがわかりました。

そういえば、高橋洋一氏著『戦後経済は嘘ばかり』でも、
日本の高度成長期の後期において、為替の固定相場制が変動相場制になり、
円高不況になるのを為替介入によって防いだのは当時の大蔵省だったと書いてありました。

それが、今のような硬直的な省益最優先で国民に嘘の情報を信じ込ませるようになったのは、
田中・三木・竹下らの国益を考えない傍若無人な財政政策と強力な圧力に屈したことへの、
危機感からくるものが、敗北感・屈辱感などによって屈折したかたちであらわれているようです。
さらに、日銀法改悪による財政・金融の分離によって縦割り行政が更に硬直化し、
財務省と日銀が互いを敵対視するようになってしまったことも原因のようです。

これでは財務省としては、
いくら政府が国債発行による財政出動を促されても、政府を疑わざるを得ないでしょうし、
日銀との協調が必要な国債発行によるリフレ政策を促されても、政府を疑わざるを得ないでしょう。
となれば、意固地になって財政規律を訴え、財源が足りなくなれば増税を訴えるようになるのも理解できます。
※だからといって全く納得はしていません。
問題は原因をつくった政府・国会にあります。

著者の解決策は本書に書いてありますが、
私なりに補足すると、
日本を本来の意味で自主独立し、繁栄させ、国民を幸福にできる明確な国家大戦略(DIME)を打ち立てる
国家大戦略を命懸けで実現する覚悟のある強い意志を持った政権を樹立し、目標達成に邁進することで長期政権を担う
日銀法を改正し、日銀の独立性はあくまでも戦術レベルであり、戦略・命令系統は政権に従属するようにする
日銀の達成目標に失業率低下、賃金上昇率を加える(インフレターゲットの最終目標はこれなので)。
※高橋洋一氏の提言を参考
日銀の通常のオペレーション方法を自動化(指標変動に基づいて自動的に国債売買を行う。AIでの代替も可)する。
※ミルトン・フリードマン氏や高橋洋一氏の提言に基づく

真に国益を貫く真剣な政権が真摯に政策を実行すれば、
真に国益を考える真剣な財務官僚も真摯に職務を全うするのではないでしょうか。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE