FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

日本二千六百年史/大川周明



★★★★★

日本を再認識させてくれました

2600年もの長きに渡る日本の通史を読むと、
通史でなければ分からないことがわかってきます。

本書からは、大きく分けて2つの日本があるということがわかりました。

1つめの日本は、
誇りある日本を自覚し、
(万世一系の皇室・日本古来の歴史・伝統・文化など)
誇りある大義を抱いて行動する日本です。
(国家建設・国家大改革・国家安全保障など)
この時代の日本は、
外国からの哲学・思想・文化・技術などを的確に見定め、
日本に合うところ、合わないところを素早く見極め、
日本に合うところだけを取り入れ融合し日本化する能力が最大化されます。
このことにより、
日本であり続けながらも、日本自体を進化させながら、
大義を実現させていきます。
このような日本を俯瞰するとき、
日本と日本人は世界に比類なき優れた国家と民族であると言えるでしょう。
これを①誇りある日本、とします。

2つ目の日本は、
誇りある日本を忘れ、
誇りある大義を持たずに彷徨い続ける日本です。
この時代の日本は、
外国からの哲学・思想・文化・技術などを鵜呑みにし、
外国かぶれが増殖するに任せ、
日本そのものが失われていきます。
大義もありませんので全てが行き当たりばったりです。
このような日本を俯瞰するとき、
日本と日本人は世界にとって軽蔑される国家と民族であると言えるでしょう。
これを②堕落した日本、とします。

日本は2600年の間、①の時代もあり②の時代もあった、ということです。
そして日本を最も②の状態にしたのは江戸時代の鎖国だったとのことです。

このような歴史から学ぶとすれば、
戦後の日本は明らかに②でしょうね。
GHQ利権を未だに享受している、
国会議員(与野党問わず)・官僚・メディア・学会・法曹界・教育界などが、
岩盤規制で守られています。
また経済界も目先の金儲けのために、
明らかに日本の国益に反する経済活動を行なっています。


また本書は右翼当局の検閲により一部削除された箇所を復活させ、
該当部分を傍線を引いて明らかにしていますが、
削除された部分は概ね天皇の神格化に都合の悪い部分に絞られます。
②の部分は削除対象にはなっていません。

これと比べると、
昨今の反日媚中朝韓のメディアによる捏造・隠蔽の方が、はるかに悪質です。


一刻も早く、誇りある日本を取り戻したいものですね。
  1. 2018/08/22(水) 16:14:42|
  2. 歴史の真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度はVINEプログラムの一方的な契約打ち切り

カスタマーレビューの一方的な全削除に続いて、
今度はVINEプログラムの一方的な契約打ち切りに会いました。

手口は全く同じです。

ある時VINEプログラムのページが削除されました。
問い合わせたらテンプレメールで規約違反なので契約解除とのこと。
具体的な理由を質問。
質問には全く答えず、テンプレメールが繰り返し送信。
回答になっていない旨抗議。
これ以上回答する気はないので問い合わせるなという旨のテンプレメールが送信。

カスタマーレビューとVINEプログラムを入れ替えるとほぼ同じ文面でした。

多分こちらからのメール内容は全く見ていないと思われます。
ITか間抜けなAIで人手を介さずに自動で返信しているのではないでしょうか。

カスタマーレビューの削除やVINEプログラムの契約解除も
ITか間抜けなAIで人手を介さずに自動で行なっているのではないでしょうか。

もしそうなら、最早何を期待しても無駄ですね。
Amazon.co.jpはAmazon.comの手足でしかなく、
頭脳相当部分はないと推察されますので。


Amazonのことを思いだしたくもなかったので、本投稿は一旦非掲載にしていましたが、
同様の被害者が少なくないようですので、再掲載することとしました。 
  1. 2018/08/15(水) 19:42:11|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

the four GAFA/スコット・ギャロウェイ



★★★

GAFAって何?という方にはご一読をオススメします。

GAFAとは、金儲けで世界を席巻しようと企んでいる、
Google, Apple, Facebook, Amazonの略称であり、
近年その活動が良くも悪くも目立つようになってきたことから、
つけられたもののようです。

本書の内容は、
国際政治におけるグローバリスト(GAFA)vsナショナリスト(国民国家)
という大局的な構図で描かれているものではありません。
MBA教授によるビジネス書です。
ですので、両者の攻防についてはほとんど触れられていませんので、
こちらの方にご興味のある方は注意された方がよろしいかと思います。

また、
著者はニューヨーク・タイムズ(日本でいえば朝日新聞)を中立公正な新聞だと信じて疑わない
筋金入りのリベラルのようですので(本書内で著者自身が明記)、
本書を読まれる際には、その辺りを割り引かれた方がよろしいかと思います。
一読しただけですが、印象操作と思われる箇所が複数見つかりました。

さらに、
理由はよくわかりませんが、
著者はAppleのスティーブ・ジョブズが大嫌いなようで、
他の3社やその経営者との比較で明らかに、Appleとジョブズを不公平に扱っています。
Appleをブランドだけの会社だと断言し、
iPhoneやiPadなどに込められたAppleにしかなし得ない技術革新を無視しています。
この辺りが、時価総額1兆ドル一番乗りはAppleであり、
著者が予想したAmazonが見事に外れた理由だと思われます。

あと、
せっかくGAFAについて取り上げたにも関わらず、
GAFAの裏の顔についてはあまり触れられていません。
各国での法律違反、タックスヘイブン利用による税金逃れ、個人情報漏洩・販売など、
軽く触れてはいますが、補足情報程度の扱いです。

GAFAはグローバリストであると同時にリベラリストですので、
意図的にクローズアップしていないのかもしれません。

因みにGAFAの裏の顔によるアメリカ国民への悪影響を防ごうとしているのは、
リベラリストが嫌ってやまないトランプ大統領です。
裏の顔をクローズアップして解決策を述べ出すと、
大嫌いなトランプ大統領の政策を支持することになってしまうので、
意図的にクローズアップしていないのかもしれません。

ですので、
GAFAって何?という方には、こういうものがあるんですよ、
という意味でご一読をオススメしますが、
ネットなどでGAFAについて敏感に情報収集をされておられる方や、
グローバリズムvsナショナリズムといった大局的な構図での攻防を知りたい方には、
オススメできません。

評価をもっと下げてもよかったのですが、
GAFAについて正面から取り上げた最初の本ということ、
Amazonが、
カスタマーやサプライヤーを金儲けのために使い捨ての駒として利用している、
と具体例を挙げながら正しい指摘をして警鐘を鳴らしていますので、
この評価にしました。
  1. 2018/08/08(水) 16:23:10|
  2. マネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本書紀 全現代語訳/宇治谷孟 訳



★★★★

やっと日本書紀を読むことができました

古事記については何冊か読んだことがあるのですが、
日本書紀については、難しい、長文である、という先入観があり、
なかなか手をつけることができませんでした。

たまたま本書を見つけ、
全現代語訳と文庫本2冊分という量に惹かれて、
読んでみました。

文章は読みやすいものになっており、
この点は良かったと思います。

また内容ですが、
古事記にあって日本書紀には無いもの、
古事記には無くて日本書紀にはあるもの、
いずれにもあって同様の内容のもの、
いずれにもあるが内容が異なるもの、など
古事記だけでは得られない情報が結構含まれていることがわかりました。

特に、朝鮮半島の任那・百済・新羅の記述がかなりあることは、
古事記との大きな違いではないでしょうか。

古事記と日本書紀については、いろいろ言われていますが、
個人的には、相互補完しながら神話と古代史を楽しめば良いのではないかと思います。

なお訳者の「はじめに」「あとがき」には余計な文章が多いので、ここだけが残念です。
なんら根拠なく
任那がなかったかのような印象操作があったり、
高皇産霊尊が朝鮮半島由来であったかのような印象操作があったり、
皇国史観が悪いものであるような扱いをしたりと、
訳者のintelligenceを疑わざるを得ない記述があります。
これが日本書紀本文の現代語訳に影響を及ぼしていないこと切に願うばかりです。
ですので評価を少し下げました。

願わくば、竹田恒泰氏に「現代語 日本書紀」を執筆・出版して頂きたいものです。
  1. 2018/08/02(木) 10:42:34|
  2. 神道・古事記・日本書紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる