FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

メディアは死んでいた/阿部雅美



★★★★★

死んでいたのはメディアだけではない。日本そのものも死んだまま

メディアが読者に事実を伝えるという建前のもとで、
偏向・印象操作・捏造・隠蔽などによって、
自らの思想・主張を読者に洗脳するということは絶対に許されることではありません。

しかし、本書で暴露されているのは、その絶対に許されないことを遥かに超えています。
自らの思想・主張を読者に洗脳するためには、国民の生命を犠牲にしても構わない、
ということです。
これは明らかに全体主義思想に他なりません。

本書を読めば、
北朝鮮による日本人拉致被害者についてのメディアによる捏造・隠蔽に
怒りを覚えるのは自然な感情だと思います。
またメディアによる捏造・隠蔽が最近始まったことではなく、
何十年も前から行われており、国民を欺いてきたことにも
怒りを覚えるのは自然な感情だと思います。
メディアに人間としてのまともな神経があるのであれば、
自主廃刊するのが普通でしょう。
また、これに加担した御用識者も同様です。

しかし、拉致事件を隠蔽(≒不作為による加担)したメディアに、
そのような誠実さを求めても無駄でしょうから、
読まない(観ない)、買わない、信じない、の3原則適用でしょう。
出版社等の子会社、スポンサーなどにも準用でいいでしょう。

また、現在メディアが持っている巨大な既得権益や岩盤規制は、
全て無くしてしまうべきでしょう。

日本に全体主義思想を持った組織は不要です。

ただし、同様に当時の反日野党だけでなく与党ですら隠蔽していたことも事実です。
そして、現在でも与党は反日野党と徹底抗戦する訳ではなく、
国対などで、なあなあな国会運営をしている始末です。

更に反日の旧社会党や旧民主党出身の元総理大臣はもとより、
自民党出身の元総理大臣や元官房長官が未だに反日国家の走狗、売国奴として活動しており、
これが放置されている始末です。

ですのでメディアは既に死んでいたのですが、
日本そのものも死んだままと言っても過言ではないと思います。

従って、本書を読んで単にメディアを批判するだけでなく、
これまでの日本が歩んできた戦後の情けない歴史を総括し、
世界最古の文明と、かつ二千年を優に超える万世一系の皇室を持ち、
これらに裏付けられた歴史・伝統・文化に培われた国家として、
また歴史上初めて人種差別撤廃と民族自決を世界に対して訴えかけた国家として、
更には西洋列強からアジア諸国・民族を解放し独立を支援した国家として、
反日国家を一喝・一蹴出来るような抑止力を持った、
独立国家・主権国家としての日本とは何か、どうあるべきか、
そのために何が必要か、何を捨てるべきか、などを
考えるきっかけにする必要があるのではないかと思います。

拉致された国民を取り返せないようでは国家とは言えません。
日本国憲法第9条の壁があるといいますが、
憲法を守ることと国民の命を守ることとどちらが大事なことなのでしょうか?
自衛権そのものはは国際法で認められているのですから、
国民と政府が覚悟を決めさえすれば、現行憲法下でも自衛隊や警察を北朝鮮に派遣できるでしょう。

いずれにせよ、安倍&トランプ同盟が存続している間にやるべきことをやっておかないと、
日本は未来永劫死んだままになる可能性大だと思います。
  1. 2018/06/29(金) 09:58:09|
  2. 無責任メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦略論/B・H・リデルハート



★★★★★

西洋に受け継がれた孫子の兵法

古代ギリシャからWW2までの主要な戦争を吟味し、
孫子の兵法が西洋においても時代を超えて通用することを解き明かしています。
本書において、孫子の兵法が西洋に受け継がれたと思います。

一方で、クラウゼヴィッツの戦争論の誤ちと危うさを痛烈に批判しています。
何故ならクラウゼヴィッツの戦争論からは決して平和は生まれないからです。
総力戦・殲滅戦と言われたWW1、WW2の戦禍の悲惨さが明らかにしています。

まとめの章である第19〜22章は必読ですね。

これまでも、これからも孫子の兵法の時代だと思います。

なお、孫子の兵法については以下の解説書が秀逸です。
デレク・ユアン「真説ー孫子
なお、この本によると、
リデルハートもまだ完全には孫子の兵法の真髄には達していないとのことです。
  1. 2018/06/28(木) 12:52:57|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦争論/カール・フォン・クラウゼヴィッツ


★★

「戦争の目標は敵の完全な打倒」ねえ

第1,2,8章は精神面という戦いと名のつくものに重要かつ普遍的なテーマを扱っています。
クラウゼヴィッツが生きた時代の戦争だけから導出したにしては秀逸だと思います。
いろいろと悩ましい問題提起がなされていますが、ここは孫子の兵法で補うべきところでしょう。

一方で残りの章はクラウゼヴィッツの生きた時代特有のものですので、
現代においては、適用できるところは次第に少なくなっていくでしょう。

問題は、戦争の目標は敵の完全な打倒と定義しているところです。
クラウゼヴィッツだけの責任にはできませんが、
この定義が、総力戦・殲滅戦と言われたWW1とWW2を引き起こし、
日本においては広島と長崎への原爆投下につながったと言われても仕方ないと思います。

この本は、あくまでも戦争のことしか考えていません。
戦争の後に行うべき政治の仕事については全く無視しています。
ですので、この本に従って戦争を行い勝利した後、勝者敗者何れにも平和は訪れません。
そういう内容の本だという認識のもとで読まれた方がいいでしょう。
孫子の兵法の方が遥かに優れています。

これがもし国家戦略の名の下に行われるとしたら、
部分最適を優先することで全体最適を犠牲にする愚策の典型と言わざるを得ませんね。
ですから、後の戦略論ではこれを打ち消すように、別概念として大戦略を定義しているのでしょう。

クラウゼヴィッツの戦争論をわかりやすく例えるなら、
捻りのない直線的なハリウッドのアクション映画みたいなものだと言えるでしょう。
クラウゼヴィッツが未だに支持されているのは、理論的優位性というより文化的嗜好性故なのかもしれません。

追記(20180628)
念のため、リデル・ハート「戦略論」のまとめの章である、第19〜22章を読んでみました。
私のクラウゼヴィッツに対する所感が間違っていないことが確認できました。
今後、クラウゼヴィッツ信奉者の戦略論は読まないようにしたいと思います。
  1. 2018/06/27(水) 20:43:28|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカだけど日本のこと考えてみました/つるの剛史



★★★★★

お子さんをお持ちの普通の日本人のお父さんとして、当たり前の問題提起

この方は以前おバカタレントとして売り出していましたが、
本書における問題提起については決してバカではありません。

お子さんをお持ちの普通の日本人のお父さんとして、
日本を破壊しようとしている、日本人の生命を脅かそうとしている
愚かで、浅はかで、薄っぺらくて、視野狭窄で、自己中心的で、ダブルスタンダードで、暴力的な
おかしな勢力の言動に対して、
当たり前の疑問を持ち、問題提起をしているだけです。

彼に対して、
根拠のないレッテル張りをしたり、一方的に言論封殺したり、
いろいろあるようですし、今後もありそうですが、
彼に共感する人の方が多数を占めると思いますので、
これからも当たり前の疑問を持ち、問題提起をし続けていただきたいと思います。
  1. 2018/06/27(水) 11:10:37|
  2. 国内情勢全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫子/浅野裕一



★★★★★

孫子兵法の凄さを再確認!

本書はかなり前に読んでいて、素晴らしい本だと思い、暫く手元に置いていたのですが、
一旦手放してしまっていました。

今般、デレク・ユアン氏著の「真説 - 孫子」を読んで、
孫子兵法の凄さを改めて知るとともに、自身の孫子兵法に対する理解の浅さを痛感しました。

そこで、本書を再度購入し読み直すことにしました。

本書の特徴としては、
出版時点では日本唯一の1972年に発見された竹簡に基づくものであること、
浅野氏による孫子兵法を充分に理解した上でのわかりやすい解説が豊富であること、
だと言えるでしょう。
この特徴が、孫子兵法のの本質により読者を近づけてくれていると思います。

本書と「真説ー孫子」を併せて読まれることで、より理解が深まると思います。
  1. 2018/06/24(日) 11:30:23|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラウゼヴィッツの「正しい読み方」/ベアトリス・ホイザー



★★★★

クラウゼヴィッツの戦争論が何故難解であるかがよくわかりました

クラウゼヴィッツの戦争論はいろんな意味で難解であるとよく言われます。
以前挑戦してみましたが、見事に撃沈してから見向きもしませんでしたが、
本書のタイトルに惹かれて読んでみました。

何故難解であるかが丁寧に紐解かれていましたので、
その難解さの理由がよくわかりました。

最も大きな問題は、
観念主義者としてのクラウゼヴィッツと、現実主義者としてのクラウゼヴィッツが、
戦争論という一冊の本の中に同居しており、
現実主義者のクラウゼヴィッツとして全篇を書き換える前に他界してしまったが故に、
理論が混在し、不整合が生じてしまったことです。

これが元になって、
戦争論という同じ本から真逆の記述を引用することができ、
それによって真逆の解釈を成立させてしまうことが可能となり、
クラウゼヴィッツの信奉者の間でさえ戦争に対する考え方で大きな対立を生み出してしまっています。

最悪なのは、
軍事指導者の中で単純・短絡的・野蛮な人間がクラウゼヴィッツを引用すると、
総力戦となってしまい、
実際に第一次世界対戦から第二次世界対戦までその通りになってしまいました。

そして、戦争論を最も深く理解して最大限に活用したのが、
毛沢東という非西洋人であり、国共内戦を戦争論を駆使して勝利したというのも皮肉なものです。

戦争論の利用者の責任ではあるでしょうが、
戦争論を未完のまま世に出したクラウゼヴィッツにも責任があると言われても仕方ないでしょう。

このように戦争論は読み手に都合よく利用されてしまう危険性の高い本だと言えます。

一方で、真摯かつ冷静に戦争論に向き合うことができれば、
「戦争をどの様に考えるべきか」を説くという目的に関して言えば、
クラウゼヴィッツはそれ以前やそれ以降のどの戦略家よりも優れていると著者は述べています。

それ以降についてはよくわかりませんが、それ以前については、簡単に反論できます。
孫子の兵法があります。
クラウゼヴィッツの戦争論と比べてみると、
より一層、体系的・包括的・普遍的・整合的・論理的・道義的・実践的です。
(ご参考:デレク・ユアン氏著「真説ー孫子)」


上記の孫子解説書でも、毛沢東が登場して、孫子の兵法で国共内戦を勝利したとあります。

毛沢東自身は、ヒトラー・スターリン・ルーズベルトと並ぶ20世紀の大悪党ですが、
戦略論を研究する上では重要な人物だと思いますので、
クラウゼヴィッツと孫子の両方からアプローチすると興味深い研究ができるのではないでしょうか。

追記(20180627)
クラウゼヴィッツの「戦争論」読みました。
戦争の目標は敵の完全な打倒と明確に定義しています。
また、あくまでも戦争のことしか考えていません。
戦争の後に行うべき政治の仕事については全く無視しています。
ですので、この本に従って戦争を行い勝利した後、勝者敗者何れにも平和は訪れません。
孫子の兵法の方が遥かに優れています。

クラウゼヴィッツの戦争論をわかりやすく例えるなら、
捻りのない直線的なハリウッドのアクション映画みたいなものだと言えるでしょう。
クラウゼヴィッツが未だに支持されているのは、理論的優位性というより文化的嗜好性故なのかもしれません。

本書の著者の言い分はわかりますが、クラウゼヴィッツを擁護し過ぎている感じがします。
従って、評価を少し下げます。

追記(20180628)
念のため、リデル・ハート「戦略論」のまとめの章である、第19〜22章を読んでみました。
私のクラウゼヴィッツに対する所感が間違っていないことが確認できました。
今後、クラウゼヴィッツ信奉者の戦略論は読まないようにしたいと思います。
  1. 2018/06/24(日) 06:05:24|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逃げる力/百田尚樹



★★★★★

闘う力、逃げる力、決断する力

著者の「戦争と平和」で、
日本人は闘うことに向いていない民族だとの指摘がありました。
ですから余計に、意識して闘う力、逃げる力、いずれかを決断する力を磨く必要があるのではないか、
と本書を読んで思いました。

本書は「逃げる力」ですが、闘う力、決断する力とセットだと思います。
これらが合わさって初めて逃げる力の本領が発揮されるのではないかと思いました。

あと日本人の弱みとしては戦略構築力の無さだと思います。
逃げるためにも上手い逃げ方を考えなければならない場合もあるでしょう。
これについては最近出版された、デレク・ユアン氏著「真説 - 孫子」がオススメです。
  1. 2018/06/20(水) 22:41:09|
  2. 自己成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、心配されている環境問題は、実は心配いらないという本当の話/武田邦彦



★★★★★

あらゆる環境問題に科学的に斬り込む!

人間が人間らしく生きながらも、
自然の一部として調和しながら生きていくために、
大きくは地球環境から小さくは人体の中の環境まで、
環境と名のつくあらゆるものについて科学的に切り込んでいます。

国、利権団体、無知な環境団体、メディアによるフェイクによって、
環境を守るという美名の元に科学的な根拠なく、
一般国民の大事なお金が吸い取られ、
国民の生命が脅かされ、
かつ環境が破壊され続けています。

本書を読むことで、
科学的に正しい環境問題の捉え方を身に付けることができると思います。

また、本書は科学的な知見に基づいていますので、
科学的な新たな知見が出てきたら反証可能な余地が残されており、
単にイデオロギーや感情だけで環境問題を取り扱っている方々よりも誠実です。

購入前に想定していた内容とは異なりましたが、
より広い視点で環境について科学的な視点を得られたことは想定外のメリットでした。
なお、本の表紙に書いてあることについても、もちろん科学的に切り込んでいます。
  1. 2018/06/18(月) 07:45:58|
  2. 科学的人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真説ー孫子/デレク・ユアン



★★★★★

色々な意味で目から鱗!

戦略論として日本でも有名な孫子の兵法ですが、
本書は日本で出版されている解説書とは異なり、
孫子の兵法の全体像や構造、背景となる歴史や思想など、
より深く理解するための知見が詰まっています。

また老子の道徳経が戦略論であることは初耳でした。
日本では世俗を捨てて生きる指南書のような紹介のされ方が主なものだと思いますが、
本書では、
老子の思想が孫子の兵法に影響を与え、
また孫子の兵法がのちに編纂される道徳経で昇華される哲学に影響を与えているとのことです。
これで老子・道徳経の見方が完全に変わりました。

さらに戦略論としては、
東洋の孫子、西洋のクラウゼウィッツとして比較されることが多いのですが、
孫子の兵法が大戦略論であるのに対して、クラウゼウィッツの戦争論が軍事戦略であること、
ひいては西洋の戦略研究があくまでも軍事戦略の枠内に留まっており、
かつ西洋思想・哲学では、老子・孫子の「道(tao)」「陰陽二元論」を理解することは不可能であり、
現在の西洋における孫子の兵法研究は間違っているか、行き詰まっているか、のようです。
これは重要な知見を与えてくれています。
一つは西洋人の書いた戦略論で孫子の兵法が出てきたときに注意すべきであること、
一つは西洋人によチャイナ楽観論が全くあてにならないこと、
を教えてくれているということです。

過去、毛沢東が行なった国共内戦や、今、チャイナが行なっている超限戦と言われるもの、
は孫子の兵法そのものだとのことです。

そして「戦わずして勝つ」などにみられる様々な戦法が、
実は相手の戦意を喪失させるという心理戦に収斂されることが解説されています。
いくら相手の兵力が多くても、いくら相手の火力が強くても、
相手の戦意がなければ、その兵力や火力も活かすことはできません。
この辺りも思想や哲学を極め尽くした、この時代の兵法書ならではのものだと思います。

以上のように、これまで読んできた孫子の兵法についての書籍とは、
全く次元の異なる驚きの知見を与えてくれる本でした。
色々な意味で目から鱗でした!

このような素晴らしい本に出会えたことに感謝です!
値段が高いので先ずは図書館で借りて読みましたが、
素晴らしい本でしたので、速攻でポチッしました。
  1. 2018/06/17(日) 13:23:30|
  2. 戦略論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足立無双の逆襲/足立康史



★★★★★

アホばか国会議員を生み出さない制度改正をしないとダメでしょうね

足立さんには、これまで以上に頑張って頂きたいと思いますが、
最終的には、アホばか国会議員を生み出さない制度改正をしないとダメでしょうね。

アホばか国会議員与野党問わず、大別すると以下の3つになると思います。
・反日媚中朝韓利権議員
・既得権益岩盤規制利権議員
・霞ヶ関傀儡利権議員
いずれも国益・国民にとっては百害あって一利なしですね。

このような議員を撲滅する、少なくとも生み出しにくい制度にする必要があるでしょう。

まず、反日媚中朝韓利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・日本国籍だけを持つ者しか選挙に出られないようにする(立候補時に証明書類提出)
・帰化した人は二世以降からしか選挙に出られないようにする
・国会議員にセキュリティクリアランスを適用する
・スパイ防止法を制定し、国会議員にも厳格に適用する
・外国人・在日外国人個人からの献金を禁止する
・上記違反時は被選挙権を永久剥奪する
なお、これらは国家安全保障上いずれも当然のことであり、人種差別に話をすり替えるべきものではありません。

次に、既得権益岩盤規制利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・企業・団体およびその構成員(の立場)からの献金を禁止する
・上記違反時は議員資格を剥奪する(国会会期中に発覚した場合でも即時剥奪)

更に、霞ヶ関傀儡利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・財務省解体
・霞ヶ関の管理職以上の政治任用の拡大
・国会議員と霞ヶ関官僚との会議議事録の必須化と公開必須化(機密保護法と情報公開法とのセットで)

その上で国会での議論の質を高めるために、以下の制度があってもいいと思います。
・衆議院議員選挙(総選挙)では比例代表制をやめる、せめて比例復活を廃止する
・国会内での立法に直接関係ない発言を禁止する
・議員定数をさらに減らして、少数精鋭にする
・国会を欠席したら給料をその分返納する

与野党問わず、アホばか国会議員が少なからずおり、国益を損ねていますので、
早く対策を講じないと日本はどんどんおかしくなっていくと思います。
  1. 2018/06/16(土) 23:35:26|
  2. 無責任政治家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる