FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

脱原発を論破する/長浜浩明



★★

放射線量の問題だけではない

本書では主に放射線量の人体に与える影響という面から、
マスメディアや左翼などの反原発派の主張に対して、
著者が得意とする科学的なアプローチで徹底的に反駁しています。
これはこれで日本の適切なエネルギー政策を考える上で大切なことだと思います。

しかし、原発については放射線量の問題だけではありません。
ヒト・モノ・カネの観点から見て問題が山積しています。

ヒトの観点からは、立地・設計・建設・発電・運用・保守のあらゆる面でヒトが絡みます。
政治的決着・行政的お役所仕事・利権・不完全な技術力・様々なミス・使命感の欠如などがありえます。
勿論、命がけで日本のために働いておられる方もいらっしゃるはずですが、
そうでない方もいらっしゃるのは残念ながら事実です。
高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉に追い込まれたのは、保守点検すらまともにできなかったからです。
更に、事故発生時の対処についてです。
3.11の際の民主党政権(面子は今の立憲民主党)の対応は、
チェルノブイリ原発事故の際の旧ソ連共産党独裁政権よりも明らかに酷いものでした。

モノの観点からは、原発設備の安全構造設計が杜撰であることが、3.11で暴露されました。
地震大国でかつ地震予測が不可能である日本において原発を設置・稼働させるのであれば、
当然想定すべきことを全て想定した上でなければならないはずですが、
初歩的なことすらできていませんでした。
さらに、建設費用を抑えるために安全性を犠牲にした設計・建設もなされていました。
従って、上記を踏まえて極端でない範囲で万全を期して原発を建設すると、コストが跳ね上がります。
また、原発がエネルギー自給だと喧伝している人がいるのですが、燃料のウランは輸入に頼っています。

カネの観点からは、上記で述べたように、まともに原発を建設すると建設コストが跳ね上がります。
また一つ原発を立地するために数千億単位の交付金等が金がばら撒かれます。
原子力のコストは他の電力と比べて安いと宣伝されますが、上記コストは除外されています。
原子力にかかるコストを全て含めて計算すると、他の電力と同じか上回るというか試算もあります。

なお、CO2地球温暖化説は、良くて未確定、悪くて捏造ですので、
これを理由とした原発推進は理由にはなりまでん。

あと、日本独自の核保有についてですが、
民間の電力会社保有の原発が無くても、問題はなさそうです。

ちなみに、本書で原発を停止して天然ガスを高値で輸入したから貿易赤字になった
といった旨の記述がありましたが、
これは著者が単に国際政治経済に対しての洞察が浅いというに過ぎません。
無能な日本政府・行政が足元を見られて高値で摑まされただけのことです。
まともな政府・行政がまともな交渉をすれば解決する問題であり、
また市場経済が解決する問題ですので、大騒ぎすることではありません。

結論としては、
ヒト・モノ・カネの問題を抱えている以上、原発の再稼働は許容し難いと思われます。
それよりも、火力発電で技術革新が行われていたり、水力発電が見直されたりしていますので、
ゼロベースでベストミックスを考えた方が国益に叶うと思います。
  1. 2018/05/17(木) 23:22:10|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神話の中のヒメたち/産経新聞取材班



★★★★★

古事記をより楽しむための一冊

不毛な学術論争は抜きにして、
とにかく古事記をそのまま楽しみたい方にとっては、
おススメの一冊です。

古事記に登場するヒメたちの様々なトピックが、
一節4ページと簡潔にまとめられ、
かつその中にトピックにまつわる場所や取材に基づく伝承などが散りばめられています。

本書を読んで、ヒメたちがいないと古事記が成立しないことが、よくわかりました。

ある程度、古事記に親しんでいないと、
本書の内容を理解するのは容易ではないと思いますが、
理解した上で読めば、「ほほう」「なるほど」「へえ〜」の連続です。

良い本を手に取ることができました。
産経新聞取材班の方々に感謝です。
  1. 2018/05/15(火) 20:56:40|
  2. 神道・古事記・日本書紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結論!朝鮮半島に関わってはいけない/石平



★★★★★

朝鮮半島は、今こそ全人類に謝ろう!その上で鎖国してください!

タイトルは「朝鮮半島に関わってはいけない」ですが、
本書を読んで、自らの真の歴史を直視し反省するだけの誠実さと能力があるのであれば、
自らの意思で「朝鮮半島は世界に関わってはいけない」ようにすべきだと思います。

そして、世界に一切の迷惑をかけずに、朝鮮半島内で好きなだけ勝手にやっていてください。

そのためであれば、日本は支援を惜しみません。
リビア方式で北コリアの核を含む大量破壊兵器・ミサイルを完全・検証可能・不可逆的な方法で破壊し、
北コリアに拉致された日本人(含む世界中の犠牲者、特定失踪者)を全員救出することが大前提です。

南コリアは自らの意思で北朝鮮に併合されるのでしょう。
日本は北朝鮮とは国交を樹立していません。
従って、併合後は自動的に旧南コリアとの国交は無くなります。
この流れに対して日本は一切干渉しないことが支援になります。

その支援の見返りとして、以下を求めます。
・日本固有の領土である竹島からの即時撤退
・在日コリアンの特権の即時廃止
・在日コリアンのうち、犯罪歴のある者、反日思想を持つ者、反日活動家の即時送還
・立法・司法・行政をはじめとして日本国内のあらゆるところに潜入している工作員の即時国外退去
(コリアンだけでなく、日本帰化人や日本人も含む)

今年は明治維新150周年です。
日本は今こそ維新の賢人に学ぶ必要があるのではないでしょうか。
福沢諭吉の「脱亜論」にある以下の一節に学ぶのです(ここでの亜はチャイナ&朝鮮半島のみを指します)。
「悪友を親しむ者は共に悪名を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」
(ご参考:平山洋氏著「福沢諭吉の「脱亜論」と<アジア蔑視>観」)

日本は朝鮮半島に対しては、
一喝・一蹴できるだけの確固たる抑止力を粛々と整備し、
いつでも発動できるようにしておけばいいだけです。

一方でコリアンのうち、
日本の歴史・伝統・文化・道徳・倫理観が好きでたまらない方々は、
日本に残って頂ければと思います。
著者である石平氏のように、並の日本人よりも日本を愛してやまないような方は大歓迎です。
個人的には、日本人のくせに反日活動をしている連中よりも余程好感が持てますので。

なお、レビュータイトルの一部は以下の書籍のオマージュです。
百田尚樹氏著「今こそ、韓国に謝ろう
  1. 2018/05/09(水) 11:33:29|
  2. チャイナ&半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葉隠入門/三島由紀夫



★★★★★

現代でも通用する武士道

三島由紀夫氏による「葉隠」の解説である、
「葉隠48の精髄」がわかりやすくて良いですね。
また、笠原伸夫氏による現代語抄訳も理解を進めてくれます。
タイトル通り「葉隠入門」として素晴らしい本だと思います。
また本書のように「葉隠」を説明してくれると、
武士道が現代でも通用するものであることがよくわかります。

新渡戸稲造による「武士道」よりも「葉隠」の方が、
日本人の武士階級の在りようを正しく伝えているのではないでしょうか。

なお、武士道については以下の本も参考になると思います。
菅野覚明氏著「武士道の逆襲
  1. 2018/05/04(金) 14:10:07|
  2. 伝統・価値観
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武士道の逆襲/菅野覚明



★★★★★

軽々しく「武士道」を扱うべきではないですね

クリスチャンである新渡戸稲造による「武士道」が、
西洋列強に対して日本も文明国であることを示すために、
キリスト教のフレームを使って武士の規律を紹介していたことは、
おぼろげながら知ってはいました。

しかし本書を読むことで、
新渡戸稲造の「武士道」をはじめとする明治武士道と、
本書で解説している真の武士道との歴然とした違いを知ることで、
明治武士道がどれだけいい加減なものであるのかということ、
また真の武士道を現代において軽々しく扱うべきではないということ、
を学ぶことができました。

三島由紀夫氏が解説している以下の本も参考になると思います。
葉隠入門
  1. 2018/05/03(木) 15:15:42|
  2. 伝統・価値観
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとうの憲法/篠田秀朗



★★

注意しながら読んでください

日本の憲法学者というガラパゴス化した既得権益無能エリート集団が、
如何に日本や日本国民にとって価値の無い存在であるか、
ということが詳しく述べられています。
この連中による憲法解釈によって、
日本の国益と日本人の生命・安全が損なわれてきたと言われても仕方ないでしょう。
このことを気づかせてくれるという点においては良書だと言えます。

ただし、本書は注意しながら読む必要があります。
著者の歴史認識が完全に東京裁判史観・ルーズベルト史観に染まっています。
日本がアメリカに嵌められて日米開戦に突入せざるを得なかったこと、
戦後、GHQによるWGIPによって日本を精神的に破壊したこと、
など全く触れられていません。
逆に、日本が侵略戦争を行った、国際法を侵したといった、
東京裁判史観やルーズベルト史観そのままの言説が目立ちます。
間違った歴史認識の上に正しい未来を築くことはできません。

ですので本書を読まれる前に、
読者自身が東京裁判史観やルーズベルト史観の洗脳から
脱却しておく必要があると思います。

これには、藤井厳喜氏の以下の著作が役に立つと思います。
太平洋戦争の大嘘
日米戦争を起こしたのは誰か

更にアメリカによって作られた日本国憲法自体が、
ハーグ陸戦条約という国際法に違反していることにも触れられていません。
「ほんとうの憲法」というタイトルをつけるのであれば、
日本国憲法がアメリカによる日本占領統治基本法であることを先ず明示すべきでしょう。

このような観点からすれば、
本書を読まれる前に、竹田恒泰氏や倉山満氏による憲法解説本を読まれた方が良いと思います。

また、日本国憲法だけを論じるのではなく、
帝国憲法と比較検証した方がより実りあるものになると思われます。

これには、相澤理氏の以下の著作が役に立つと思います。
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶ

現憲法、そしてこれまでの様々な憲法解釈によって、
日本は主権国家・独立国家としての体をなさなくなってしまいました。
例えば、日本が独自の力のみで、
・北朝鮮から拉致被害者を全員救出することができない
・外国にいる日本人を救助することができない
・日本固有の領土である北方領土・竹島・尖閣諸島を守り抜くことができない
・周辺諸国の軍事大国化を防ぐことができない、軍事大国に対する抑止力を持てない
このような情けない状態では、最早どう憲法解釈を変えても乗り切ることは困難です。
日本が主権国家・独立国家として国益と国民を守り抜くために、
国家安全保障面では以下のことを憲法に明記するよう、
改正しなければならないと思います。
・フルスペックの自衛権を発動できること
・自衛隊を軍隊として定義すること
・軍法、軍事法廷、軍事機密を認めること
そうすることによって、
憲法学者による国益を損なう不毛な憲法解釈を終わらせる必要があると思います。
  1. 2018/05/03(木) 00:00:00|
  2. 憲法改正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大富豪の投資術/マーク・モーガン・フォード



★★★★★

分厚い本ですが、読みやすいです

分厚い本ですが、
章ごとに大切なことがわかり易く書かれており、
読みやすいものになっています。
日本には合わない部分もあるのですが、
そこを読み飛ばしても、役に立つ情報が豊富にあると思います。
着実な投資方法について学びたいのであれば、先ず本書を読んでみる、
というのが良いのではないか、と思います。
  1. 2018/05/02(水) 15:47:48|
  2. 自己成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる