FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

東京裁判をゼロからやり直す/ケント・ギルバート、井上和彦



★★★★★

日本人自らの手で戦犯を裁き、原因究明・再発防止を経て自信と誇りを持てる日本を復活させる必要がある

大東亜戦争は、
・日本の自衛戦争であった
・共産主義から日本を守るための闘いであった
・欧米諸国に支配されていたアジア諸国・諸民族を開放する戦いであった
・日本だけが国際法を遵守して戦争を行った
・日米開戦は日米両国に潜入したコミンテルンの工作員によって仕掛けられた
・勝てる戦いを戦線拡大と長期戦に持ち込むようにして負ける戦いをするように煽った中心は朝日新聞であった
・南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行は朝日新聞の捏造であり、チャイナ・コリアはこれを利用している
東京裁判は、
・事後法によるものであり裁判そのものが違法であった
・連合国による日本に対する集団リンチであった

以上のことから、東京裁判史観・自虐史観を持つ必要は全くありません。

ただし、韓国併合は悪手中の悪手でした。日本にとってデメリットしかないものでした。
如何に大韓帝国皇帝が懇願してきたからとはいえ、絶対に併合すべきではありませんでした。
脱亜論を貫かなければなりませんでした。

また、いかにコミンテルンの工作員による策略があったにせよ、
終わらせ方を考えず戦争を始め、戦略なき戦争を行い、日米戦争を始めてしまい、
結果として陛下の大御宝である日本人の生命を数多く奪い、
かつ日本の世界での地位を著しく貶めてしまったこと
には日本側にも原因があります。

倉山満氏によれば、
首相では原敬、幣原喜重郎、斎藤 実、近衛文麿、東條英機ら、
官僚では駐米日本大使(宣戦布告をチョンボしたバカ)、
軍人では山本五十六(何故か真珠湾攻撃を行い、勝てるはずのミッドウェー海戦で負けた)ら、が該当します。

これも含めてすべて他国のせい、東京裁判のせいにしてしまってはなりません。
日本の無能な為政者層は日本と日本人のために責任を取らなければなりません。

ただし、責任を取らせるにあたっては功罪をしっかりと吟味しなければなりません。
例えば東條英機ですが、
日本に有利な形での戦争の終わらせどころを間違えた責任は大きいですが、
一方で杉原千畝よりもユダヤ人を数多く救っていたり、
大東亜会議を開催しアジア諸国を解放・独立へ導いた功績があることも確かです。

日本人自らの手で戦犯を裁き、
原因究明・再発防止を経て自信と誇りを持てる日本を復活させる必要があります。
そうでなければ、今なお続く
日本の日本の政・官・業・学に蔓延る無能なエリート層による日本の弱体化の流れは変わりません。
・日本の国益よりも反日国の国益を重視している反日売国議員(与野党問わず)
・日本の将来よりも自身の天下り先の将来を心配している官僚
・自らの金儲けのためだけに反日国を利する経営を行い日本の安全保障を脅かす経済界
・日本の歴史・伝統・文化を貶め、日本人の自信と誇りを奪い去る朝日新聞並みの学術界
また靖国神社の問題もこれらを曖昧にしていることに起因しているのではないでしょうか。
有能なエリート層を生み出すシステム(教育)や
有能なエリート層を要職に就け、無能なエリートを淘汰するシステム(人事)が不可欠です。
また自由闊達な議論ができる環境醸成も不可欠です。
石井菊二郎、小村寿太郎、松岡洋右ら有能な人材を活用できなかったことも敗戦の大きな原因です。

なお、参考書籍として以下のものを挙げておきます。
倉山満氏著
真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任
お役所仕事の大東亜戦争
  1. 2018/01/31(水) 17:18:56|
  2. 大東亜戦争の真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平田篤胤/吉田麻子



★★★★★

明るく楽しい国学

本居宣長の「もののあわれを知る」国学も良かったですが、
平田篤胤の「明るく楽しい」国学の方が個人的には好きです。
いずれにしても人間の本能(感情)を肯定しており、最新の脳科学・神経科学と相通じるものがありますので、納得感があります。
人間の本能を否定している仏教や儒教とは全く異なっているのは重要なポイントだと言えるでしょう。
賛否両論あるとは思いますが、神道の本流は平田国学で説明した方がよいのではないかと思います。
神道は清明正直であり、明るいことも要素の一つにありますので。
  1. 2018/01/31(水) 16:42:45|
  2. 神道・古事記・日本書紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰も教えてくれない真実の世界史講義 古代編/倉山満



★★★★★

西洋至上主義・中国至上主義の世界史からの脱却

西洋かぶれ、中国かぶれの歴史学者によって作られた教科書とは異なり、
古代史において中核をなす地域・国家を中心に据えて世界を解説しつつ、
同時代の日本の歴史と世界との関係をも併せて解説した名著だと言えるでしょう。

シリーズものということですので、次作も読ませていただきたいと思います。

  1. 2018/01/30(火) 16:36:34|
  2. 歴史の真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神道の逆襲/菅野覚明



★★★★★

国学の逆襲

神道の逆襲というより国学の逆襲の方が本書の内容に相応しいと思います。
儒教(朱子学)や仏教に基づいて神道の思想化を試みた吉田神道や垂加神道によって、
日本古来の神道の純粋さが失われかけてしまっていたところに、
本居宣長や平田篤胤らが国学思想により復古神道を確立して、日本古来の神道を取り戻しています。
本書では、歴史を追いながら、上記の流れが深さを削らずにわかりやすく解説されています。

本居宣長の本は読んでいましたので(田中康二著「本居宣長」)、
国学が神道に活かされるまでの、儒教(朱子学)や仏教の思想が神道に混入されていたこと自体は知っていましたが、
本書を読んでここまで酷いとは思いませんでした。
現在でも、日本の歴史・伝統・文化の素晴らしさを理解できずに、
西洋思想にかぶれることがインテリだと勘違いしている連中が少なくないのですが、
昔からこのような傾向は日本にあったというのは衝撃的でした(当時はチャイナかぶれ)。
本書・著者・出版社に感謝です。
  1. 2018/01/28(日) 11:46:05|
  2. 神道・古事記・日本書紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本国憲法は日本の恥である/ジェイソン・モーガン



★★★★★

リベラルは共産主義の隠れ蓑。日本国憲法は破棄せよ!せめて9条2項を削除せよ!

大東亜戦争における日米開戦が、
ソ連共産党参加のコミンテルン工作員に取り囲まれた
アメリカ民主党大統領であるF.ルーズベルトの謀略によって引き起こされたのは事実です。
(日本の政権内にもコミンテルン工作員が入り込み日米開戦を仕込んだことも事実です)

大東亜戦争でアメリカに負けて、マッカーサー率いるGHQが日本に乗り込んで、
日本を物理的にも精神的にも解体しようとしましたが、
GHQがアメリカ民主党の意を汲んだ連中とコミンテルン工作員で構成されていたことは事実です。

リベラルを掲げるアメリカ民主党は共産主義の隠れ蓑だといっても過言ではないでしょう。

そして、アメリカの歴史において戦争を仕掛けたのは民主党の方がはるかに多いことも事実です。

さらにアメリカには、Strong Japan PolicyとWeak Jspan Policyがありますが、
アメリカ民主党はWeak Jspan Policyを採用していることも事実です。

これらの連中によって作られ、無理矢理押し付けられたのが、日本国憲法です。
占領国の法律を変えてはならない、
というハーグ条約に違反していることは明らかですが、
それに加えて、日本国憲法の意図が
日本を物理的・精神的に解体し、二度と立ち上がれないようにし、
アメリカの占領下に置き続けるためのものであることも明らかです。

ですから「日本国憲法は日本人の恥」なのです。

アメリカでは、ヴェノナ文書の解読など保守系学者の努力によりリベラルの欺瞞が暴露され始めています。
また、リベラルによる過剰なポリティカルコレクトネスに対して草の根保守が活躍しています。
その中で、日米開戦を仕掛けたことの愚かさについてのF.ルーズベルトや民主党への非難が高まっています。
さらに、己の利益のみを追求するグローバリストが跳梁跋扈し、
共和党・民主党限らずエスタブリッシュメントをカネで支配しています。
最も有名なのは民主党のクリントンファミリーです。

この動きの中で登場したのがトランプ大統領です。
アメリカファーストは、
左翼によって穢されたアメリカらしさを取り戻し、
グローバリストによって失われたアメリカの利益を取り戻すことです。

日本でもそうなのですが、アメリカのメディアも基本的に左翼です。
例えばCNNのCは、コミンテルンのC、チャイナのC、クリントンのCなどと揶揄されています。
このような左翼メディアから叩かれるのは、為政者がまともである証拠です。

上記記述についての参考資料には以下のものがあります。
江崎道朗氏
日本は誰と戦ったのか
コミンテルンの謀略と日本の敗戦
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く
マスコミが報じないトランプ台頭の秘密
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄


翻って日本では、
学会において「コミンテルン」はタブーワードとのことです。
これだけで事実に基づく正しい歴史を検証する意思がないことが明らかです。
また、草の根保守もしっかりとした形で組織されているわけではありません。
与党に期待したいところですが、
自民党地方組織は単なる地元利権団体に過ぎませんし、公明党は新興宗教団体ですので、
草の根保守ではありません。

日本人の恥である日本国憲法をどうにかしなければならないのですが、
草の根保守が組織されていないこと、政府・与党がだらしないことを踏まえると、
なかなか容易ではないと思います。

因みに個人的には、
日本国憲法は破棄し、
帝国憲法とこれに込められた想いを受け継ぎながらも、
帝国憲法制定から大東亜戦争敗戦までに露呈した不具合を改め、
かつ21世紀の国際情勢などを踏まえた憲法を、
日本人自らの手で新たに制定すべきだと思っています。
ただ、これが容易でないことはわかっていますので、
次善の策として「減憲」が適切だと思っています。
本来破棄すべき現憲法に「加憲」するなど論外だと思っています。
しかも憲法典に全てを記述する必要はありません。
例えば現憲法9条ですが、第3項追加ではなく、第2項削除が適切だと思います。

日本国憲法を破棄して初めて日本が真の独立国家・主権国家といえるのだと思います。

ただし、9条を確実に改正するためには、青山繁晴氏を中心としてまとめられた、
「第3項 前2項の規定は、自衛権の発動を妨げない。」
という案が最も現実的で優れていると思われます。
  1. 2018/01/27(土) 10:05:04|
  2. 憲法改正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永田町アホばか列伝/足立康史



★★★★★

足立さんにしかできないことがある

国会議員の中で足立さんにしかできないことがあります。
無能議員、反日議員、疑惑議員の徹底追及と、
捏造隠蔽を続けるメディアの徹底追及です。
メディアでは足立さんの言葉遣いの酷さだけ切り取って偏向報道するでしょうけれど、
ネットではすべての言動が拡散され追及を求める国民の声が高まります。
日本にとって大切な方ですので、命を狙われるほどの追及は控えていただきたいのですが、
これからも徹底的に追及してください。応援しています。

徹底追及すべき国会議員は野党だけでなく与党にも沢山いますし、
徹底追及すべきメディアや捏造隠蔽記事報道もなくなることはないでしょう。
徹底追及だけでも何期国会議員をされても時間が足りないくらいです。

政策立案能力がないからか、未だにモリカケをやっている野党は日本には不要です。
特に献金を貰って加計問題を捏造して質問し国会を浪費している野党議員は辞めてもらいたいです。
  1. 2018/01/26(金) 15:35:44|
  2. 無責任政治家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本居宣長/田中康二



★★★★★

本居宣長の思想全般の概要がよくわかります

石平氏の「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」を読んで、
本居宣長とその思想に興味を持ち、まず本書を読んでみました。

外来思想である儒教・仏教を取り払い、
日本最古の文献である古事記・日本書紀や万葉集を、その時代も含めて研究することで、
日本独自の古来から伝わる思想を再発見し、学問として体系化する、
というのが本居宣長の狙いのようです。

そして、日本独自の古来から伝わる思想を「物のあはれを知る」に求めています。
様々な人や物事に対して自然な感情を抱き、それをしっかりと知ることで、
相手を知り、それに共感している自分を知り、共に生きていく、
と要約できるのではないかと思います。
これは、清明正直を旨とする神道(神ながらの道)そのものです。
神道は感情を否定しません。むしろ明るく楽しく生きましょうというものです。
そして、嫌なことがあれば禊祓で清めて捨ててしまおうという、あっけらかんとしたものです。
一方で、
上下関係を前提とした徳治主義を唱えた孔子の儒教とも、
感情を苦の根源として廃することで涅槃に至ることができると唱えた釈迦の仏教とも、
相容れない物だといえるでしょう。

物のあはれを知ることが日本人の根底にあったからこそ、
堅苦しい息苦しい儒教が個人の道徳という形に日本化されたのでしょうし、
暗くて成仏困難な仏教が即身成仏、草木国土悉皆成仏という日本独自の仏教に転化したのでしょう。
儒教学者・仏教学者の中には、これらを儒教・仏教の劣化だと非難していますが、
縄文時代から培われていると言われている日本古来の歴史・伝統・文化を無視した、
視野の狭い了見と言わざるを得ません。


なお、本居宣長は国粋主義者だと誤解されかねないのですが、
儒教と孔子、仏教と釈迦を否定しているわけではありません。
否定されているのは、
それらにかぶれて日本古来の思想を忘れ、
またそれらと輸入元のチャイナを持ち上げて日本の思想と日本を貶めている日本人です。
現在にも通じるところがありますね。
共産主義にかぶれて共産主義国家に媚びへつらい反日売国行為をしている日本人がいます。


  1. 2018/01/25(木) 08:18:52|
  2. 伝統・価値観
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本居宣長「古事記伝」を読む/神野志隆光





kindleサンプルを読んで買うのをやめました

本居宣長がどのように古事記を解釈しているのか、それは何故なのか、根拠は何なのか、
などが知りたくて、ひとまずkindleサンプルをダウンロードして読んでみました。
しかし、解説は私の期待に応えてるようなものではなく、
著者の自説に基づいて本居宣長の解釈を否定し、自説を正しいとするものでした。
サンプルを読んだだけですので、本書全体がどうなっているかは判断できませんが、
古事記冒頭の一節がこの調子ですので、とても買って読む気にはなれません。
  1. 2018/01/25(木) 07:19:37|
  2. 神道・古事記・日本書紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福沢諭吉の「脱亜論」とアジア蔑視観/平山洋


★★★★★

現在でも通用してしまう慧眼

脱亜論でいうアジアはチャイナと半島のことのみをあらわし、
他のアジア諸国は含まれていません。
そしてこの2カ国(現在は3カ国)に対しての記述は、
自国の古い体質に固執し、近代化を頑なに拒み続けていることへの批判です。

現在はどうかといえば、なんら変わらず脱亜論がそのまま通用してしまいます。
慧眼と言えるのではないでしょうか。

チャイナは古来からの中華思想と19世紀西洋の帝国主義を共産主義思想を通じて実現しようとしています。
北コリアは拉致・核・ミサイルによって世界に対してテロを企てています。
南コリアは、事大主義によってこれら両国に媚びへつらい、国際合意を平気で破るような前近代国家のままです。

なお、脱亜論はチャイナと半島の政府を批判し国民を批判しているわけではありません。
しかし、現在では国家体制が異なりなますので、政府だけを批判していればよかった時代とは異なります。
チャイナは共産党員、北コリアは労働党員、南コリアは政権支持者も批判対象になるのでしょう。

いずれにしても、明治の賢人に今こそ学ばなければならないのではないでしょうか。
  1. 2018/01/24(水) 20:15:26|
  2. チャイナ&半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国リスク/室谷克実・加藤達也



★★★★★

悪友を親しむ者は共に悪名を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり

もはや全く信用できない国家であることは明白です。
民族としての起源に始まり、すべてのことが異なるため、理解不能であり、
理解しようとする時間と労力の無駄です。
国交断絶を最終目的として、盤石な抑止力を確立し、あらゆる制裁を準備し、
一切の交渉をはねつけ、一切の難癖にたいして一喝・一蹴することが、
日本の国益にとって最も適切な策だといえるでしょう。
この国の扱い方だけについてはチャイナを見倣うべきでしょう。

個人的には、この国の戦略的かつ具体的な扱いとその効果についての解説書が出てきてほしいところです。

なおレビュータイトルは脱亜論からの引用です。

追記(20180131)
平昌オリンピックが韓国大統領の北朝鮮へのゴマすりで平壌オリンピックと揶揄されていますね。
まあ韓国大統領は北朝鮮の傀儡ですので当然と言えば当然なのですが。
因みにこのままいくと韓国が北朝鮮に飲み込まれるかたちで半島統一がなされる可能性があります。
日本は北朝鮮を国家として認めておらず、国交もありません。
北朝鮮主体で半島統一された場合、統一国家も日本は継続して国家として認めず、国交も継続して断絶することになるのでしょうか。
そうなったらいいですね。面倒くさい交渉なく国交断絶できるのですから。
ただ日本は盤石な抑止力を確立しておく必要がありますけどね。
  1. 2018/01/21(日) 10:56:44|
  2. チャイナ&半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる