FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

日本は誰と戦ったのか/江崎道朗



★★★★★

日本は今誰と戦っているのか

本書では、日本のアカデミズムではほとんどタブー視されている、
ソ連共産党による日米開戦工作・日米終戦工作について「明かされた事実」が赤裸々に示されています。

勿論、ソ連共産党の思惑だけで日米戦争が繰り広げられたわけではありません。
日本の愚かなエリート層、ルーズベルト民主党政権の親中反日主義、チャイナ共産党・チャイナ国民党の思惑など、
様々なものが交錯しています。

著者も述べているように、
ここから学ぶべきことは、如何にインテリジェンス・ウォーに対峙して勝利するか、ということです。
本書の内容を踏まえて広い視野で日米戦争の総括をしなければ、そのスタートラインに立つこともできません。
そして、インテリジェンス・ウォーは終結したわけではなく、東西冷戦を経て現在でも続いています。
表面化しているもので思いつくものだけ挙げても、
・東京裁判史観・自虐史観の洗脳を続ける
・南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行を捏造し世界中で反日プロパガンダを行う
・日本国憲法を平和憲法と詐称して日本人の生命を危機に晒す
・日本人を守るための法律に対してネガティブキャンペーンを行う
・義務教育で間違った日本の歴史を教えている
・日本に必要な国会審議をさせないためにモリカケ問題をでっちあげてくだらない質疑を続ける
・捏造という名の報道の自由と隠蔽という名の報道しない自由をオールドメディアが日々繰り広げている
・自身の金儲けのためだけに企業・経済団体が、日本の国益を毀損し反日国を利する活動を行なっている
といった感じです。

一方で、日本の国としての備えは脆弱としか言えません。
日本は今誰と戦っているのでしょうか。
本気で国民の生命を守る気があるのでしょうか。
そもそも独立国としての体を為しているのでしょうか。

国民の生命を本気で守る気があるのであれば、直ちに以下のことぐらいしてもらいたいものです。
・北朝鮮から拉致被害者・特定失踪者を奪還する(如何なる手段を講じても)
・反日勢力を立法・司法・行政から追放する
・反日勢力・不法移民を国外追放する
・国際法上許された自衛権を完全に行使できるよう日本国憲法を改正する(集団・個別の区分なき自衛権)
・抑止力を最大限強化する(陸海空&海兵隊)。そのための予算を付与する(最低でも対GDP比2%)
・セキュリティクリアランス制度を立法・司法・行政機関に導入する(厳罰あり)
・インテリジェンス専門機関を新設する(慰安婦像設置を阻むことすらできない外務省では無理)
・インテリジェンス・ウォー研究を含めた国防総合シンクタンクを新設する(既存アカデミズムとは切り離す)
・反日国と断交する。付き合うなら明確な戦略を確立したうえで付き合う(今はぐだぐだ)

わかりやすい神道の歴史/神社本庁研修所編



★★★★★

紆余曲折がわかる神道史

長い歴史を持ちながらも、国内外の様々な圧力に晒され、また神道内部での抗争まであり、
それらに翻弄されながらも、それらを克服して今がある、
そんな紆余曲折がわかる神道史です。
神話の時代から一貫して不動の地位を確立し続けてきた、といった歴史の記述を想定していたのですが、
良い意味で見事に裏切られました。
神道は日本の長い歴史の中で培われた伝統・文化の根源ですので、
本書を読むことで、神道をしっかりと護り、次の世代に受け継いでいかなければならないな、
と改めて思うようになりました。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP