FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

プーチンの国家戦略/小泉 悠



★★★★

国家戦略というより現実問題への対処

北方領土返還の可能性と最近の半島情勢についてのインプットが欲しくて手に取りました。

タイトルは国家戦略ですが、
内容は軍事的側面がほとんどを占めており、
しかも、戦略というよりもロシアが抱える様々な問題への軍事的対処の実態がについての解説がほとんどです。

経済・財政・外交・文化・科学技術・食料・教育・社会保障などの、
国家が考えるべき様々な領域についての国家戦略については、
ほとんど触れられていませんでしたので、狙い通りのインプットにはなりませんでした。

しかし、ロシアが抱える様々な問題への軍事的対処の実態については、
細部にわたってきめ細かく書かれていますので、
狙いとは違いましたが、ロシアとプーチン大統領の一側面を知ることができたのは収穫です。

読み終わってわかったことは、
・天然資源に依存しており、競争力のある産業がなく、財政がひっ迫している
・ソ連時代のプライドは持ちつつも、ソ連時代の力はもはやなく、回復しようとしているものの、遥かに及ばない
・ソ連崩壊後独立した旧ソ連構成国家との対立・紛争がいたるところで生じている
・ロシア国内の民族・宗教の多様性による内部紛争もいたるところで生じている
・軍を完全掌握できておらず、また派閥抗争もバランスをとることで精いっぱいである
・従って、西側諸国との全面対決には耐えられない
といったことです。

また、このような状態で、北極海航路・資源による権益を確保することで現状打破したい、
そのためには、北方領土を含めた極東領土が極めて重要な拠点である、と考えているようであり、
北方領土返還・そのための経済協力・日露平和条約締結については、
ロシアの国内外の問題に加えて、この観点も考慮に入れて見つめる必要がありそうです。
本書を読む限りでは、北方領土は簡単には返還されないと思う方が自然でしょう。

あと、半島情勢におけるロシアの立ち位置についても、
北朝鮮との間に国境がありますので、何もしないわけにはいかないのでしょうけれど、
アメリカ・チャイナが絡んできますので、好き勝手にはできないでしょう。
本書を読む限りでは、全面介入は難しいのではないかと思われます。

本来的な意味でのロシア・プーチン大統領の描く国家戦略を知り、
そこから、北方領土・半島情勢を多少なりとも紐解きたかったのですが、
本書の情報ではその狙いは叶いませんでした。



歴史問題の正解/有馬 哲夫



★★★★★

正しい歴史を学ぶことで、偏向・歪曲・捏造プロパガンダに対峙する

GHQに植え付けられた自虐史観や他国(特に志那、朝鮮)のプロパガンダを、
頭の中から取り払い、
正しい歴史で理論武装し、理性的に対峙するための必読書だと思います。

新書でありながら、膨大な文献を踏まえて、簡潔かつ本質を突いた解説になっています。

自虐史観や歴史認識について、
学校教育・メディア・似非リベラル・自称知識人の偏向・歪曲・捏造に疑問を抱かれた方には、
うってつけの本だと思います。

内容としては、目次を引用すると、
・南京事件はプロパガンダから生まれた
・真珠湾攻撃は騙し討ちではなかった
・ヤルタ会談は戦後秩序を作らなかった
・北方領土はこうして失われた
・ポツダム宣言に「日本の戦争は間違い」という文言は存在しない
・日本は無条件降伏していない
・原爆投下は必要なかった
・天皇のインテリジェンスが国體を守った
・現代中国の歴史は侵略の歴史である
・日韓国交正常化の立役者は児玉誉士夫だった
・尖閣諸島は間違いなく日本の領土である

これらについては、類書などでも解説がありますが、
本書の特徴といえる「文献に忠実」であることから、
類書で述べられていることとは異なる解説になっているものもあります。
ただし、史実解釈の方向性についての差異ではなく、
本書・著者が文献を緻密に精査したが故の決定的根拠についての違いだと思われます。

本書だけが絶対的に正しいのかどうか、
著者の知見に遠く及ばない私ごときには判断しかねますが、
文献を駆使していることから、科学的な考察といってよく、
それが故に様々な観点からの科学的な考察が可能な書籍になっていますので、
科学的に適切な再現性、批判等がなされていくと思われます。

なお、学校の歴史教育にも本書を取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。
勿論、本書を鵜吞みにするのではなく、
本書の元になる文献を紐解くこと、それを踏まえて議論すること、などを通じて、
正しい歴史を学びつつも、歴史の正しい学び方も学ぶことができると思います。

あと、本書を読んだ所感としては、
・歴史に対する正しい理解が極めて重要であること
・プロパガンダには事実に基づいて理性的に反駁すること
・理性的な反駁が効かない相手は無視すること
・被害を及ぼす相手には実力をもって対抗すること
が重要であるということです。

例えば志那
中華人民共和国は大東亜戦争終結後に建国された国である(勿論戦勝国などではない)
日本は中華民国と戦ったのであり、中華人民共和国と戦ったのではない
中華人民共和国には日本への大東亜戦争に対する如何なる権利も持っていない
故に戦勝国・被害者としての主張を日本は一切受け入れる必要はない
建国以来、周辺諸国を侵略し続けている国家であることを全ての前提にすべきである
(因みに中華民国も台湾を侵略している)
志那と経済的な取引をすることは、志那に侵略のための軍隊を増強させるのと同じことだと認識すべきである
(一帯一路、AIIBも同じこと)
志那を経済的に豊かにし、軍事力を与え周辺諸国を侵略できるようにしたのはアメリカに責任がある

例えば朝鮮
日本は朝鮮と合併したのであり侵略したのではない
朝鮮は大東亜戦争の戦勝国ではないので、日本に対して当該戦争についての請求検討は一切ない
日韓基本条約はアメリカが大陸の反共産化政策のために日本に結ばせたものに過ぎない
しかし日韓基本条約を締結した以上、両国がこれを遵守する必要はある
全ては日韓基本条約で解決しているので、これに反する要求は全て突っぱねる
日韓基本条約を再度全面的に受け入れない限り、如何なる便益も提供しない
世界中で繰り広げられている反日プロパガンダに対しては実力をもって阻止する

また、両国に共通するものとして、
日本の領土・領海・領空に対する侵犯行為については、早急に実効支配すべきである
アメリカとの同盟で協力する必要は当然だが、まず日本が動かなければアメリカは動かない

更に、国内反日勢力にも注意しなければならないと思います。
これらの勢力に対しても、基本的には上記に準じた対応をすればよいと思います。
個人的には、日本と日本人のための正当なリベラル勢力は必要だと思っています。
しかし、今の自称リベラル勢力は、日本と日本人のためではなく、
まるで朝鮮や志那の傀儡であるかのような反日勢力に成り下がっているとしか思えません。
(事実関係はわかりませんが、言動を見ている限りそう思わざるを得ません)

ただし、
在日・帰化された方の中には親日の方もいらっしゃるはずですし、
生粋の日本人でも反日の方もいますので、
単純に民族でラベリングすることは極めて危険であり許されることではありません。
メディアやネットでの一人一人の言説をよく見極めて判断しなければならないと思います。

最後に、
本書を読まれて、正しい歴史や東アジア情勢に更に興味を持たれた方には、以下の本がお勧めです。

【自虐史観とそこからの離脱について】
ケント・ギルバート氏
まだGHQの洗脳に縛られている日本人
やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

【志那・朝鮮の民族性・プロパガンダについて】
石平氏
なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか
韓民族こそ歴史の加害者である

呉善花氏
反日韓国の苦悩

河添恵子氏
「歴史戦」はオンナの闘い(杉田水脈氏との対談)
トランプが中国の夢を終わらせる

【大東亜戦争について】
ヘンリー・ストーク氏
大東亜戦争は日本が勝った
日本が果たした人類史に輝く大革命

小川榮太郎氏
一気に読める「戦争」の昭和史

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP