FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

ウパデーシャ・サーハスリー/シャンカラ



★★★★★

梵我一如を知りたいならこれ!

インド思想・哲学の精髄である「梵我一如」について、いろいろな本を読んできて本書にたどり着きました。
本書では梵(ブラフマン)=我(アートマン)であることだけでなく、
我(アートマン)が何であり、何でないか、について、また、何故そうなのか、について、
シャンカラが提唱したい思想哲学への批判に対する反論を展開しつつ明示しています。
ヴェーダやウパニシャッドを引用しつつも鋭く論理的に思想哲学を展開していますので、
梵我一如の本質的な部分を正しく、他の所説と比較しながら学ぶことができます。
とはいえ、一読して完全に理解できるものではありませんので、何度も読み返しながら理解を深めたいと思います。

訳者曰く、本書がシャンカラが自ら著した唯一の本だとのことですが(註釈書以外で)、
本書以外にも「ヴィヴェーカ・チューダーマニ」という本が気になりましたので、
こちらも読んでみようと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP