FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

Power, Freedom and Grace/ディーパック・チョプラ(2006)



★★★★★

認識の壁を粉々に砕いてくれます

著者の数ある著作の中でも、本書は意識によって如何に認識の壁を砕いていけるか、
にフォーカスしたものだと思われます。

著者得意の東洋(インド古代哲学・思想)と西洋(最新自然科学・医学)の融合を踏まえて、
人間が自ら無意識に課している様々な壁(エゴ・時間・空間・過去・未来等)について、
それらが如何に自らを縛るだけの有害な幻想であるか、
また、そこからどう抜け出すか、抜け出すと何が待ち受けているのか、
について科学的・論理的に解説しています。

著者がどれだけ最新自然科学・医学に精通しているかは以下の書籍を読めばよくわかります。
Super Brain」「Super Genes」「Quantum Healing

読み進めながら「なるほど、これが自分自身で自分自身を縛っている壁か!」という気づきの連続でした。
まさに「壁だらけの人生」であることを自覚させていただきました。
著者のメッセージに対して理解と納得ができましたので、できるところから取り入れていきたいと思います。

なお、訳者曰く、本書はチョプラセンターで実践されている幾つものカリキュラムを凝縮したもの、とのことです。
ですので、著者が勧めている瞑想の実践で、本書の内容を取り入れていきたいと思います。

著者の「The Book of Secret」を併せて読むと良いかもしれません。
こちらの本は、人間とは何か、人生をどう生きるか、について深くて鋭い洞察を展開しています。
個人的にはこの2冊が補完関係にあるような気がしますので。

なお、本書は日本語版で読みました。
読んでいる途中で、使用されている文節や用語に引っ掛かりを感じましたので、
英語&kindle版で読み直してみたいと思います。

Creating Affluence/ディーパック・チョプラ(1998)



★★★★★

チョプラ氏からのメッセージ超凝縮版

著者の「The Seven Spiritual Laws of Success」の最初の方で本書のことが書かれていましたので、
気になって読んでみました。

著者は多作ですので、全ての本を読んだわけではありませんが、
本書は著者からのメッセージを超凝縮した本だと思われます。

非常に簡潔に、かつ鋭く深いメッセージを伝えています。

本書では、メッセージの主な根拠を量子物理学において解説しています。
これは著者曰く、量子物理学における統一場理論とインド古代哲学・思想のブラフマンと、
特徴が酷似しているからだそうです。

量子物理学の世界は、人間が日常的に生活しているレベルとは全く次元の異なる世界ですが、
本書を読めば量子物理学の概略は理解できますので、量子物理学を知らなくても大丈夫だと思われます。

なお、著者の他の本を読まれた方ならご存知かと思いますが、
著者は上述した量子物理学だけでなく、あらゆる自然科学と医学の最新知見を有しており、
かつその知見をインド古代哲学・思想と融合させたうえで、豊かさや幸福を得るための方法を提示しています。

ですので、本書も記載されている根拠は量子物理学ですが、
科学的アプローチを好まれる方は、自然科学・医学を踏まえたメッセージですので、
また哲学・思想的アプローチを好まれる方は、古代インド哲学・思想を踏まえたメッセージですので、
安心して読むことができると思われます。

なお、本書で最も気に入ったフレーズがありますので、要約して下記に記します。
「幸福は行動することによって得られるが、至福は存在することによって得られる」

本書は日本語版で読みました。
文庫サイズで持ち歩くのに苦はないのですが、著者の本で持ち歩きたい本が何冊も出てきたことと、
上述した気に入ったフレーズが原著でどう表現されているか知りたくなりましたので、
英語&kindle版を購入したいと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP