FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

バガヴァッド・ギーター/上村勝彦訳



★★★

期待とは違っていました

訳者の「バガヴァッド・ギーターの世界」を先に読んでの感想となります。

梵我一如についての豊富な知識をえることができると思いますが、
上述の解説書が素晴らしかったのか、後に読んだ本書からは有益かつ新たな知見を得ることはできませんでした。

ただ、ブラフマンが宇宙そのものだと思っていましたが、
本書によれば、ブラフマンは宇宙の創造者・支配者という一神教の神という扱いなんですね。
一神教については、全く関心も興味もありませんでしたので、期待とは違っていました。

あと、訳そのものは理解しやすいものとなっていますが、「神の歌」と言われるような旋律は残念ながらありません。
また、文字が小さすぎて読むのに苦労しました。

The Seven Spiritual Laws of Success/ディーパック・チョプラ(1994)



★★★★★

手軽に読めるが結構深い

著者の「Super Brain」「Super Genes」「Quantum Healing」を読んで、著者にはまってしまいました。
東洋(インド古代哲学・思想)と西洋(最新自然科学・医学)の著者ならではの融合の見事さにです。

そこで、やっと著者のスピリチュアル系の本を読んでみたくなり、「The Book of Secret」を読みました。
これがまた見事な内容であり、深さと鋭さを持っている本でした。
これで著者のスピリチュアル系の本を読んでも大丈夫だな、と思い、
amazon.comで最もレビュー数の多かった(現時点)本書を手に取りました。

スピリチュアル系にありがちな、超自然的現象・論理飛躍は一切なく、
論理的かつ簡潔で、なおかつ結構深い内容が書かれています。
ただ、上述した順番で本書にたどり着くのではなく、
いきなり本書を読んだら「なんじゃこれは?」と感じたと思います。

分量もそれほど多くないので、常に手元において時間があれば読むというスタイルをとろうと思います。

なお、本書は日本語版で読みました。
amazon.co.jpのレビューをみると、翻訳があまりよろしくないようですので、
(何故、日本語版のタイトルにわざわざ「富」を付け足したのか、よくわかりません。。。)
英語&kindle版を購入しようと思います。

The Book of Secret/ディーパック・チョプラ(2004)



★★★★★

人間とは何か、人生をどう生きるか、についての深くて鋭い洞察

最初に本書を手に取り初めの方を読んだ時点で「なんだこれは、胡散臭い」と正直思いました。
しかし、著者の自然科学を取り扱った「Super Brain」「Super Genes」「Quantum Healing」を読んだ後に、
再度本書を手に取り読み始めたところ、ぐいぐいと引っ張られ、休む間もなく読み通してしまいました。

上記の3冊で、著者が如何に最新の自然科学(生物学、化学、物理学等)及び医学に精通しているか、
また、インド古代の哲学・思想に基づく、これら自然科学・医学の再解釈がどれだけ見事であるか、
がわかり、感動すら覚えました。
この記憶が冷めやらぬうちに本書を再度読み始めたことが功を奏したのだと思います。

著者ならではの、東洋(古代哲学・思想)と西洋(最新自然科学)の融合をベースにして、
論理的かつ合理的にスピリチュアリティを追求されているのだと思います。
自然科学について可能な範囲で様々な分野の本を読んできた私にとっては、著者の存在は嬉しい限りです。

本書は、人間とは何か、人生をどう生きるか、について深くて鋭い洞察で溢れています。
あまりにも豊富ですので、少しずつ読み返しながら、実践していきたいと思います。

なお、本書は日本語版を読みました。
ただ、本書は結構厚みがあり持ち運びが不便ですので、いずれ英語&kindle版を購入しようと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP